ここが分かれ目「干される芸人」「愛される芸人」

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自動車事故で仕事も家庭も失った『インパルス』堤下。「イメージが悪すぎるので、テレビは難しい。ネット中心になるでしょう」(キー局ディレクター)

昨年、2度の自動車事故を起こし、無期限謹慎処分を受けていたお笑いコンビ『インパルス』の堤下敦(41)が、吉本興業の地域密着プロジェクト「あなたの街に”住みます”プロジェクト」に地元・神奈川県の担当芸人として参加。芸能活動を再開すると発表された。

だが、キー局ディレクターからは「完全復帰は難しい」との声があがっている。

「堤下はフジテレビ系のバラエティ番組『はねるのトびら』でブレイクしたんですが、天狗になって、やりたい放題だったそうです。その当時、堤下に苦労させられたスタッフたちが出世して現在、タレントをキャスティングする立場になっています。彼らが積極的に堤下を起用することはないでしょう」

同じく『はねトび』に出演していた『キングコング』西野亮廣(あきひろ)(38)も窮地に立たされているという。

「いま、西野は『絵本作家』とも名乗っていますが、コンテンツ配信系の会社が彼をクリエイターとして吉本から引き抜こうと画策。西野もまんざらではなかったようで吉本側が激怒。その会社の仕事はオールNGになったそうです。ペナルティとして西野の仕事も制限されているらしく、彼の相方の梶原雄太が『YouTube』に活動拠点を移したのは、西野が干されていることが影響していると言われています」(吉本興業関係者)

一方、当連載でも触れたが、長年、『嫌いな男』ランキングの上位に君臨していた出川哲朗(54)は、いまやCM契約数9社を誇り、冠番組も好調。愛され芸人の代表となっている。

「売れても驕(おご)らず、どんなイジりも受ける芸風を貫く姿勢がスタッフからリスペクトされています。かつて『電波少年』(日本テレビ系)でムチャぶり企画をイヤな顔ひとつせずに引き受けていました。当時のスタッフが昇進して現在、『世界の果てまでイッテQ!』の制作幹部となり、出川さんを率先して起用しているのです」(バラエティ番組ディレクター)

女子高生との淫行疑惑で謹慎に追い込まれた狩野英孝(36)も、人柄で現スタッフの心を掴んでいるという。

「あのド天然キャラは貴重ですし、どれだけドッキリに引っかけられても、スタッフには文句ひとつ言わない。出川さん同様、バラエティ業界の愛されキャラですよ。所属事務所側から『過度な女性ネタイジりは控えてください』とお願いされているので、まだまだ本格復帰とはいきませんが、それでも謹慎明けから早速バラエティで存在感を発揮していますね」(キー局プロデューサー)

先の堤下同様、天狗だった若手時代の行動が祟(たた)って、仕事が激減していた『品川庄司』の品川祐(ひろし)(46)はすっかり丸くなり、復活の兆しが見えているという。

「後輩にも優しいし、仕事も一生懸命だと好評です。ただ若手時代に悪態をつかれたスタッフの中には『品川NG』を貫く人もいるので、復活するにはもう少し時間がかかるかもしれませんね」(放送作家)

いかに売れっ子芸人でも、過去の不始末は笑い飛ばせないのである。

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事