史上最年少出場…野田樹潤が語る「JKとレーサーの2刀流生活」 | FRIDAYデジタル

史上最年少出場…野田樹潤が語る「JKとレーサーの2刀流生活」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
栄えある17名に選ばれ、今季から「Wシリーズ」に参戦。ピンク&紫の新スーツでハンドルを握る

「クラスメイトと遊んだり、体育祭などの行事に参加したり、普通の女子高生らしいことを経験してみたかった――という思いはあります。ですが、いま、私は幸せです。好きなことに全力を注ぐことができていますから」

世界が注目する日本の16歳は、「普通じゃない経験をたくさんさせてもらって、人間的に成長できているのではないかと思っています」と続けた。

元F1ドライバー、野田英樹(53)を父に持つ女子高生レーサー、Jujuこと野田樹潤(じゅじゅ)は、日本人はおろか、アジア人の女性では前人未到となるF1ドライバーに最も近い存在と言われている。

F1ドライバーは世界でたった20人という超狭き門だが、Jujuはこれまで多くの常識を覆してきた。

3歳の誕生日に父に買ってもらったカートに乗り始め、4歳でレースデビュー。9歳で世界最年少のフォーミュラ・ドライバーとなった。日本のサーキットには年齢制限があるため、14歳にして祖国を飛び出し、’20年から参加したデンマークF4レースのデビュー戦でいきなり優勝。活躍を認められ、今年から女性限定の「Wシリーズ」に世界最年少レーサーとして参戦している。

「レースに関する一番古い記憶は、4歳のときのものですね。まわりにいた小さな子たちが怖がるなか、私はガンガン、スピードを出して走っていたそうです。たしかにまったく怖くなく、むしろ楽しかったんですよね(笑)。父の引退レースを見に行ったのも4歳のとき。『父が走るのはこれが最後。後は自分が頑張ろう』と幼心に思ったのを覚えています」

女子高生とプロレーサー。いささかギャップのありすぎる2刀流だが、Jujuは「快適ですよ」と笑う。

「モーターホーム(キャンピングカー)で家族と世界を転々としながら暮らしています。『ソニック810』という車両なんですが、シャワー、キッチン、トイレがついていて、ベッドルームが2つもあってくつろげます。マンションと変わらないですよ。高校生なので、勉学は大事にしています。オンラインで授業を受けたり、まとめて送られてくる課題をやったり。レースやトレーニングのとき以外はモーターホームに缶詰めですね。シーズン中は練習、コースへ移動、レース本番、取材対応、身体のトレーニング、そして勉強の繰り返しです」

束の間のオフは友達とはしゃぎ、動物と戯(たわむ)れてリラックスする。

「モーターホームには野生のハリネズミくらいしかいませんが、日本では、犬6匹と猫を3匹、飼っています。よく『特殊な人生だね』って言われますが、家族も友達も、私にはいたって普通に接してくれています。プライベートではレースにはほとんど触れないので、少ないプライベートの時間を満喫させてもらっている感じですね」

いまの生活ではリアルに登校することはほとんどなく、級友や先輩と接する機会が限られるが、Jujuは「学校だと一番年齢が離れていても2歳ですが、レーサーだと、スポンサーさんやエンジニアなど、大人たちと話す機会が多いので、いろいろ学べる」とあくまで前向きだ。

心が折れたり、逃げ出したくなったりしたことはないのか。

「7歳のころに、レースに負けて泣いたことがあるんですが、そのとき、父にこう言われました。『負けてもいいんだよ。大事なのは、″負けても、負けても諦めないこと″だ』って。その言葉をいまもずっと大切にしています。実は勝ったときより、負けたときのほうが成長する上で大事な経験となるんですよね。負けたら、『これならもう負けない』と思えるまで練習や勉強をする。負けるわけがないという根拠を作ります」

「Wシリーズ」初戦は予選18位(最下位)から順位を上げ、レース2で15位。2戦目は13位でフィニッシュした。2年以内に表彰台に上ることができれば、F1ドライバーの夢がグッと近くなる。

「F1ドライバーになるにはケタ外れの努力と強い意思が必要だと思っています。他人は他人、自分が最大のライバルというのが私の考え方ですが、最善を尽くし続ければ、いつか夢にたどり着けるのではないかと思っています」

受け答えもパーフェクト。「苦手なことなんてないのでは?」と聞くと、恐るべき16歳は白い歯を見せた。

「片付け、ですかね(笑)」

スーパー女子高生の挑戦は、今年10月に鈴鹿サーキットで観戦可能だ。

Profile ’06年、東京生まれ。4歳でレースデビューし、最年少記録を次々塗り替える。’20年から拠点を海外に移し、今季は「Wシリーズ」に参戦。現在のマシンはシャーシが「タトゥースT-318」、エンジンが「アルピーヌF3R」
家族&ペットと暮らすモーターホーム。F1レーサーになれたら、次は自然豊かな動物保護施設を作るのが夢だ
在学する日本体育大学桜華高の校長先生と。授業を中断して観戦したり、好成績を残したら校舎に垂れ幕を飾ったり、「あたたかく応援してくれています」(Juju)
本誌未掲載カット 野田樹潤 レーシングドライバー Next Generation Star 第12回
本誌未掲載カット 野田樹潤 レーシングドライバー Next Generation Star 第12回
本誌未掲載カット 野田樹潤 レーシングドライバー Next Generation Star 第12回
本誌未掲載カット 野田樹潤 レーシングドライバー Next Generation Star 第12回

『FRIDAY』2022年7月15日号より

Photo Gallery8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事