相葉雅紀”12年ぶりの舞台”後に見せた「私服オフショット」姿 | FRIDAYデジタル

相葉雅紀”12年ぶりの舞台”後に見せた「私服オフショット」姿

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

7月にフジ『FNS歌謡祭』で総合司会、秋には主演映画の公開も決定!

地下駐車場へ続く楽屋口を出て車へ向かう相葉。この日は夜の公演のみ。他の仕事もこなしながら多忙な日々を送る

6月中旬のとある日の夜9時ごろ。新国立劇場(渋谷区)の楽屋口から姿を現したのは相葉雅紀(39)だ。

主演舞台『ようこそ、ミナト先生』の公演を終え、少々お疲れ気味。無造作ヘアでネイビーのウィンドブレーカー、足元は黒のサンダルというオフ感満載の出で立ちだ。

完全に気を抜いていたのか、出待ちをしていたファンに一瞬驚いた様子を見せたが、そのまま事務所の車に乗り込んで劇場を後にしたのだった。

本作は相葉にとって12年ぶり、7回目の舞台出演作となる。

「演出の宮田慶子氏(64)は前回の舞台でも一緒。相葉さんにとって彼女は芸能界の母のような存在で、演技の相談など度々していた間柄です。ただ、宮田さんは演技指導が厳しい。相葉さんもそれを覚悟して本作に挑みました。

妥協がない現場に彼は『つらかった』と話していましたが、そこに飛び込んでいくのが相葉さんらしい。嵐の活動休止後も十分に仕事があるなかで、わざわざ厳しい環境に飛び込んでいくのは、なかなかできることではありません」(芸能リポーター・長谷川まさ子氏)

7月13日には『FNS歌謡祭』でも総合司会を務め、秋には8年ぶりに主演映画が公開予定だ。今年は役者業に挑戦する1年となる。

昨年9月に10年以上交際したといわれる一般女性との結婚を発表した相葉。私生活が充実しているからこそ、果敢に挑戦を続け、新境地を開くことができるのだろう。

本誌未掲載カット 相葉雅紀 12年ぶりの舞台で見せた役者としての新境地
本誌未掲載カット 相葉雅紀 12年ぶりの舞台で見せた役者としての新境地

『FRIDAY』2022年7月15日号

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事