平成女子アナ熱愛史 中野美奈子、高島彩、水ト麻美ほか

中野美奈子〔フジテレビ〕×伊藤英明、高島彩〔フジテレビ〕×武幸四郎、水卜麻美〔日本テレビ〕×報道局記者ほか全19人が登場

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

中野美奈子(フジテレビ 平成16年)♥伊藤英明

東京・世田谷の高級マンションから、超美形カップルが出てきた。男は『海猿』などでの熱演で人気を博していた伊藤(当時28・以下同)、傍らにいたのは当時入社2年目、”元気のミナもと”なんてワードを流行らせていたトップアイドルアナのナカミー(24)。伊藤のアプローチで始まったという交際は半同棲状態まで発展したのだが――’10年にナカミーは整形外科医と結婚。夫の赴任先のシンガポールで”アジア支局長”として活躍した

「ねえ、カトパン呼べないの?」

つい最近、宴会で発せられた世界的企業トップのセリフである。平成の終わりが迫ってもなお、女子アナブランドは輝きを失っていない。芸能プロ幹部が言う。

「その手の話は枚挙に暇(いとま)がありません。有名なのはブライダル関連会社のイケメン経営者のエピソード。フジテレビの人気アナを口説くため、本気でラジオ局を買収しようとしていましたから。『君のための番組をつくったよ』という殺し文句を使いたかったんだそうです(笑)」

経営者もプロ野球選手もお笑い芸人も皆、女子アナに夢中になった。なぜか? 彼女たちは有名大学を出た育ちのいい才媛であり、かつミスコンファイナリストは当たり前という美貌の持ち主だからだ。

一般の視聴者からも広く支持されていて、潜在視聴率(単体で獲得できると見込まれる視聴率)は、ヘタなタレントでは太刀打ちできないほど高い。

「それでいて身分は会社員ですから、接待のため上司や先輩に頼まれれば、飲み会に顔を出すし、お酌もします。その場がスポンサー企業やIT社長、アスリートたちとの出会いの場となるのです。基本的に女子アナたちが使える経費は交通費だけ。飲み会はもちろん奢(おご)りなので、彼女たちにとっても参加するメリットはあるのです」(キー局幹部)

平成の30年間で本誌は約100組もの女子アナの熱愛をスクープしていた。それらのスクープを振り返ると、平成という時代が浮かびあがるのであった――。

内田恭子(フジテレビ 平成16年)♥吉本興業社員

スポーツ帯番組『すぽると!』MCを務めたウッチー(27)はドイツ出身の帰国子女ながら天然ボケ連発で人気が爆発。入社早々看板アナとなった。だが、そんな彼女を射止めたのはプロ野球選手ではなく、『ダウンタウン』のマネージャーで吉本興業社員の木本公敏氏だった。局の駐車場で待っていた木本氏の車で退社したり、車内でブチュブチュやったりとオープンに交際していたウッチーは’06年に木本氏と結婚。2児の母として奮闘中だ

高島 彩(フジテレビ 平成15年)♥武 幸四郎

キラ星の如くアイドルアナが誕生した平成だが、ナンバーワンは誰かと言われれば「パン」シリーズの象徴、アヤパンこと高島アナ(24)だろう。入社3年目からは『めざましテレビ』のMCを務め、早くもフジの朝の顔となった彼女のマンションに通っていたのが、若手人気ジョッキーの武(24)だった。レースの日に密会してJRAから厳重注意を受けるほど夢中になった武だったが恋は実らず。アヤパンは’11年に『ゆず』の北川悠仁の妻となった

佐々木恭子(フジテレビ 平成16年)♥外資系企業社員

東大卒の知性と落ち着いた語り口でアイドルアナと一線を画していた佐々木アナ。初スキャンダルの相手は外資系のエリートサラリーマンだった。お似合いだったがゴールインはならず、この4年後に証券マンとデキ婚した

滝川クリステル(共同テレビ 平成21年)♥小澤征悦

『ニュースJAPAN』でブレイクした滝クリ(32)と小澤(35)のバレエ鑑賞デートを捉えたのは’09年のクリスマス前。その後、一度は破局するも小澤は復縁すべく猛アタック。しかし、”斜め45度の女王”は振り向かなかった

平井理央(フジテレビ平成18年)♥先輩ディレクター

元おはガールの平井アナ(23)は即戦力ルーキーとして2年目で『すぽると!』MCに抜擢されたが――熱愛発覚も早かった。同年夏、先輩社員と軽井沢旅行に出かけて、車内でキスの嵐! ’12年に彼と入籍&フリー転身した

本田朋子(フジテレビ 平成21年)♥長谷部 誠

学生時代から長谷部誠(23)の才能を見抜いていた本田アナ(23)は入社早々、プレスをかけて見事、ゴール――だが本誌が鉄板焼き屋で見た二人に笑顔はなかった(写真)。ハセと別れたホントモは’13年にバスケ選手と結婚した

水卜麻美(日本テレビ 平成26年)♥報道局記者

「好きな言葉は肉汁」――大食いと飾らぬキャラで各種「好きな女子アナランキング」で女王に君臨するミトちゃん(26)は、プライベートでも大食いだった。冬のある夜、付き合い始めて間もない同僚と仕事終わりにダイニングバーで飲んだミトちゃんは、飲み足りなかったのかタクシーを拾って江東区のホルモン焼き屋へ。時計はすでに深夜3時を回っていたが、なんとそこから肉を焼き始め、ラーメンと思しき汁物まで平らげたのである

西尾由佳理(日本テレビ 平成18年)♥CMプランナー

フジ美女アナ軍団に対抗すべく日テレのエースとして奮闘していた西尾アナ(28)。そんな彼女を支えていたのが、後に夫となる有名CMプランナー(31)だった。「クマみたい」(西尾)な彼との間に2児をもうけている

魚住りえ(日本テレビ 平成15年)♥大学助教授

毎晩のように飲み歩くなど、意外や酒豪キャラだった魚住アナ(31)。彼女の恋人もまた意外な人物だった。地方の私立大学の助教授(34)だったのである。本誌直撃に助教授は「真剣に交際しています」と真摯に答えた

武内絵美(テレビ朝日 平成16年)♥鈴木一真

愛らしいルックスとハツラツとしたキャラが人気の武内アナ(28)。写真は俳優の鈴木(36)とのカラオケデートの一コマだ。東山紀之など、男遍歴は華麗だったが、伴侶に選んだのは一般人。産休を経て’18年10月に職場復帰した

徳永有美(テレビ朝日 平成22年)♥内村光良(ウッチャンナンチャン)

八木亜希子、下平さやかと浮き名を流した内村(45)が最後に選んだのが既婚の徳永アナ(34)だった。写真は親子ディナーを楽しむ内村一家。略奪婚ゆえ干された時期もあったが、妻は’18年に『報道ステーション』MCに!

前田有紀(テレビ朝日 平成25年)♥田臥勇太

’13年3月、留学を理由に退社した前田アナ(32)だが、行き先は栃木の田臥(33)宅だった。さらなる衝撃はその後。田臥は彼女の後輩、竹内由恵アナに乗り換えたのである。禁断のダブルドリブル愛はどちらもゴールならず

田中みな実(TBS 平成24年)♥藤森慎吾(オリエンタルラジオ)

“ぶりっ子”田中アナ(25)と”チャラ男”『オリラジ』藤森(29)はお似合いのカップルに見えたのだが――素の彼女が「真面目で重い」と藤森が別れを切り出して破局。彼女は’18年春になってようやく吹っ切れたという……

出水麻衣(TBS 平成27年)♥イケメン

1年目から『NEWS23』に抜擢されたホープを狂わせたのは「男」だった。’10年に会社社長との路チューをフライデーされ、厳重注意のうえ、レギュラーを減らされた出水アナ(31)だったが、またも……恋は盲目なのだ

雨宮塔子(TBS 平成7年)♥大手損保会社社員

雨宮アナ(24)のデート風景はなんだか独特だった。会社員のカレを引き連れ、グラサン姿でズンズン歩く彼女を直撃すると「家庭が厳しいので外泊なんてとんでもない」。’02年にパティシエと結婚したが’15年に離婚した

大橋未歩(テレビ東京 平成16年)♥城石憲之

推定Fカップの豊乳で視聴者をクギづけにした大橋アナ(26)。デビュー早々、彼女を見初めた城石(31)が知人を介して猛攻をしかけ、見事に結ばれたのだが……’15年に離婚。大橋アナは9期下のテレ東社員と再婚している

久保純子(NHK 平成12年)♥大手広告マン

NHKが生んだ最初で最高のアイドルアナ、クボジュン(28)の結婚に世のお父さんたちは肩を落とした。お相手は大手広告代理店で働く慶大時代の同級生。式での新郎の「一生妻を守り愛します」との挨拶に新婦は号泣した

 

  • 撮影足立百合、安部俊太郎、上本正春、桑田真、結束武郎、島颯太、高木愛、高塚一郎、竹内かや、中井川俊洋、原一平、堀川尚美、松井映里砂

Photo Gallary19

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事