竹野内豊、長谷川博己、大沢たかお 今年独身BIG3は結婚する?

占いコラム「旬なあの人、噂の二人 勝手に占っちゃいました♡」特別編

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

2018年も松田翔太、玉木宏、三浦翔平とイケメン俳優が次々と結婚を発表し、女性ファンたちを絶望の淵に立たせたのは記憶に新しい。そんな中、様々なうわさが飛び交うものの結婚しそうで結婚しない独身大物俳優がこの3人。そこで、占いコラム「旬なあの人、噂の二人 勝手に占っちゃいました♡」でおなじみの占い師・杉浦エイト氏に、この独身BIG3の結婚の可能性を「勝手に」占ってもらった。

これからの3年間がチャンスの竹野内豊は結婚が二の次になる可能性あり?

2018年12月上旬の夕方、広尾(渋谷区)の路上を歩く竹野内豊。結婚間近と目されていた倉科カナとの破局が報じられたばかりのタイミングだった

竹野内豊 1971年1月2日 (年齢 48歳)

竹野内豊さんは「キャンドル星人のティーチャー」。情熱や閃きが周囲に影響を与え、大きなブームを作り上げていくようなタイプです。さらに「先生」という知的で常識的な面も持っているので、モテることは間違いありませんが、人間関係は時間をかけて構築していき、次から次に取っ替え引っ替え女遊びをするイメージはないんじゃないんでしょうか。自分の知識や経験を伝え教えていく役割の人です。

彼は48歳の現在が24年に1度の「運命期」にいます。ここから3年間は人生が大きく拡大し、活動の幅を広げたり、やりがいや手ごたえを感じるような役を得るような星回りになるので、仕事はどんどん忙しくなってくるはず。24年前の同じ時期では1995年のドラマ『星の金貨』で第33回ゴールデンアロー賞放送新人賞を受賞し、1997年に反町隆史さんとともに主演を務めた『ビーチボーイズ』もこの運命ゾーンの3年間になります。

また結婚秒読みとまで噂された倉科カナさん(31)「太陽星人のメッセンジャー」で、2人とも同じ火の性質を持ち、兄弟のように居心地は良かったはず。その代わり、「キャンドル星人」は、炎が揺らめいたり、炎の強さに変化があるように、そのときのモチベーションで感情が変わるような繊細な一面も持っています。そこが周囲からすればミステリアスで人を惹きつけるポイントのひとつではありますが、自分が乗り気にならなければ、いくら相手から結婚を求められても、答えることが出来なかったのかもしれません。特に倉科さんはちょうど人生の第二章がスタートする「開拓期」に入ったところという、環境や人間関係に変化が訪れやすいタイミングでの破局報道でした。

竹野内さんはこれからの3年間で大きなチャンスが舞い込み、51歳からがまたステージアップの時期になるので、恋愛運はどんどん上がっていくでしょう。ただし、真面目で責任感も強いので、仕事が忙しくなってしまうと、結婚は二の次になってしまう可能性も。よっぽど理想の相手を見つけない限りはここ1年以内で結婚は難しいかもしれません。今年はNHKの大河ドラマ『いだてん』にも出演するということでこれからの活躍が楽しみです。

関連記事はコチラ

竹野内豊と倉科カナ、交際3年半で半同棲中なのに結婚しない理由

束縛を嫌う長谷川博己が結婚を考えるのは、43歳からの5年間?

2018年7月、広尾駅近くでタクシーを拾って宅配便の集荷所へ向かい、荷物を送るためにタクシーを降りる長谷川博己

長谷川博己 1977年3月7日 (年齢 41歳)

長谷川博己さんは「雨星人のラバー」。コミュニケーション能力が高く、おしゃべりが得意、すぐに人の懐に入ることのできる愛されキャラクターです。その代わり、「雨星人」はルールや常識の枠に縛られるのを嫌い、自分のペースで自由に過ごしたいという思いが強い人も多いので、自ずと結婚を遠ざけてしまうことも。自由に生きたいと思う気持ちがあるからこそ、結婚に踏み切るためには、パートナーから強引にでも選択肢を絞られたほうが決断を下しやすいはず。また長谷川さんは「ラバー」という、パートナーや愛によって人生が大きく変化するタイプなので、誰と過ごすか、どれだけ愛し愛されることが出来るかが大事になってきます。

彼は今、連続テレビ小説『まんぷく』でも注目を集めていますが、現在24年に1度訪れる、「大大大チャンス期」にいます。さらに42歳になる今年は、このチャンス期の流れから実績を積んで自分の城を作り上げていくような「実力期」。そして、43歳から47歳までの5年間は、これからの人生を考える「モヤモヤ期」に突入します。

この「モヤモヤ期」に入ると、周囲からは順風満帆に見えても、自信が持てず気持ちが晴れなかったり、両親や家族、プライベートや体調面でのトラブルが起こりやすかったりと、少しネガティヴなニュースが増える時期になってしまいます。それまでがむしゃらに頑張ってきた人ほど、人生の基盤を整え直すこの5年間で結婚したり家庭を作ることに目を向ける傾向にあります。周囲の環境によって流されやすい一面もあるだけに、この時期に、人生について相談できる人、一緒にいてくれる味方を見つけると心強いでしょう。特に長谷川さんは守るべき家族がいることでさらに仕事にも身が入るので真剣に結婚を考えるなら、この時期だと思います。

関連記事はコチラ

鈴木京香&長谷川博己 “事実婚”6年超 いよいよゴールイン?

頑固者の大沢たかおが結婚するのは鉄の心を開いてくれるパートナーが現れた時

2015年3月下旬、都内のカフェで1時間ほど話し込んだ後、車内で談笑する大沢たかおと岩田絵里奈。その後の2018年春、岩田が女子アナとして日テレに入社することが明らかになった

大沢たかお 1968年3月11日 (年齢 50歳)

そして大沢たかおさんは「鉄星人のマジシャン」。直感力が冴え、頭の回転も早く、他の人とは違うアイディアやセンスで勝負できる人。ものを生み出したり、自分の個性やスタイルを世間に向けて発信していくようなクリエイティブな才能を持っています。また、鉄が車や船、飛行機にも使われるように、日本の枠を超えて活動の幅を大きく広げることで、夢を叶える人です。

もともと、自分自身がアーティストタイプで個性があるからこそ、人を好きになる場合も、その相手が持つ感性や世界感を大切にします。以前結婚されていた広瀬香美さんも「ダイヤモンド星人のマジシャン」で同じナンバーを持っていました。広瀬さんも特に才能とセンスで周囲からの注目を集めるアーティストタイプなので、お互いに惹かれ合ったんじゃないでしょうか。ただし、お互いに理屈や常識の枠に囚われず、直感的に物事を判断していく2人だったので、我慢したり、相手に合わせるよりも、それぞれの道を選んだのかもしれません。

時期を見てみると、大沢さんは現在、人生の新しいステージがスタートする「開拓期」にいます。これからどんどん新しい種を蒔くことで、後々大きな収穫を得ることが出来るはずです。もちろん人間関係も拡大するときなので様々な出会いも訪れるでしょう。52歳からまたたくさんの愛が集まってくる「愛情期」に突入。人生のネクストステージを迎え、「愛情期」に向かって進んでいくここからの数年間で結婚することは大いにあり得るでしょう。

ただし、鉄は凶器にも使われたり、硬く閉ざされたバリケードにもなるように、相手に対して心を開けなかったり、口調が鋭くなってしまうことも。また、自分の気持ちを曲げれない頑固さもあるので、そんな鉄の心を解きほどいてくれるパートナーが見つかると、最高の愛を手に入れられるはずです。

関連記事はコチラ

大沢たかおが愛したのは今年の日テレ新人女子アナだった

 

杉浦エイトのInstagramはコチラ

  • 占い杉浦エイト  エレメント占い /フォーチュンサイクル占い/ストーンタロット

    生年月日から自然界の10パターンに置き換えるエレメント占いや 、人生の中でどんな時期を過ごしているかをみていくフォーチュンサイクル占いで、その人のキャラクターや運勢、 気になる人との相性などをみていきます。 ジュエリーデザイナーの経歴から天然石を使ったタロットや、 香りを使って体調の悩みを改善するためのアドバイスなど、 アロマやハーブの研究も行っている。

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事