どんなスキマにも入り込む あなねこ

カメラが捉えた決定的瞬間

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

穴からひょっこり顔を出す愛くるしい猫たち。
スポーツカメラマンだから撮れた奇跡の一瞬!

半年で撮影成功たった20枚

「『あなねこ』の魅力は、普段見られない表情を撮れることです。真っ暗な穴の中から明るい外部に出て、驚いたり不機嫌そうな表情になるんですよ」

こう話すのは、カメラマンの繁昌良司氏(57)だ。繁昌氏は普段、プロ野球やメジャーリーグを取材している。「あなねこ」を撮り始めたのは昨夏のことだ。

「5年ほど前に米国のニュースチャンネル『CNN』が、福岡県の相島(あいのしま)を『世界5大猫スポット』に認定したのをキッカケに、地元・九州の島々を回って猫を撮り始めたんです。観察していると、猫は排水管やフタのされた側溝の中に好んで入る。安全ですし、移動しやすいですから。そこで昨年の夏、たまたま穴から顔を出す猫を見つけたんです。写真映(ば)えする愛くるしい表情に、『かわいい!』と魅了されました」

だが「あなねこ」を撮るのは、難易度が相当高いことを思い知る。

「いつ出てくるかわかりませんからね。穴もそこらじゅうに、いくつもある。10〜20分同じ姿勢で待たされるのはザラ。30分待っても出てこないこともあります。出たら瞬時にカメラを向け、シャッターを切らなければなりません。スポーツの現場で培った俊敏性のおかげでなんとか対応していますが、半年ほどかけて撮れたのはまだ20枚ほどです」

今回掲載したのは、決定的一瞬を捉えた猫の超レア写真なのだ。

出るか戻るか
周囲を警戒中

もしやこのまま動けない!?

モグラ叩きじゃないんだから……

  • 撮影繁昌良司(はんじょう・りょうじ)

    ’61年、鹿児島県生まれ。週刊誌を中心に活躍。主な作品に『城島健司 解体心書』『川﨑宗則写真集』など

Photo Gallary16

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事