Vチューバ―の分身が大反響 テレ東・相内優香アナのスタジオ密着

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
アイドル顔負けの美貌だが「30過ぎてアニメ声は痛いと思います(笑)。でもネットの人たちが面白がってくれたのは発見」(相内優香アナ)

それは偶然の産物だった。

昨年8月末の『WBS(ワールドビジネスサテライト)』で放送する特集ネタに困っていた俵口和浩(ひょうぐち)デスクは、IT会社の広報から聞いたVTuber(バーチャルユーチューバー)の話を思い出す。

VTuberが、CGで創ったアバター(分身)を使って動画配信するサービスだということは知っていたが、その仕組みはいまひとつわからない。オンエアまで残された時間はわずか2週間。「業者を訪ね、誰かが体験取材するのが手っ取り早い」と決め、白羽の矢が立ったのが、現場取材を担当するフィールドキャスターの相内優香アナ(33)だった。そして相内アナがアバターを動かすための機材を身にまとった瞬間――スタッフは信じられない光景を目の当たりにする。

「妙にプロっぽいアニメ声の”新・相内”が誕生したんです。しかも毒舌の(笑)。オンエア時に『何かに目覚めた相内キャスター』というディレクターのナレーションが入っていましたけど、お世辞じゃなく、あの場にいたスタッフ全員が『相内凄い! これはもっと面白いことができるぞ』と感動しました」(俵口デスク)

青い髪に青い瞳、ミニスカがセクシーな相内アナの分身――VTuberアナ「相内ユウカ」はネットでも大反響。『Yahoo!』のリアルタイム検索のトレンドワードで「WBS」が1位に輝く。これは番組史上初の快挙だった。

その後、「相内ユウカ」アナはSNSで番組宣伝をしたり、出演者とやり取りしたりと、活躍の場をジワジワと拡大。ついにウェブ上で冠番組『相内ユウカにわからせたい!』(詳細は後述)を持つに至った。相内アナに何が起きているのか。本誌はテレビ東京に飛び、メイクを終えたばかりの彼女を直撃した。

「VTuberを私が体験することになって、最初は『えー?』って思ったんですけど、『ここで私が振り切らないと、この企画は成り立たない。しかも、照れながら中途半端にやるとヤケドするやつだ』と覚悟して――『アニメ声』でやってみようと決めたんです。普段から『セクシー』とか『ラジオDJ』とか、5種類の声色(こわいろ)で日経新聞を読むのを日課にしているんですけど、『アニメ声』はそのひとつでした。いざやってみると、全然違う自分になれるというか、想像していたよりも面白くて。なぜ毒舌キャラなのかは謎なんですけど……かわいい声だと何をやっても許されるんじゃないかって、元来のSっ気が出てしまうのかな(笑)」

ちなみに毒舌はすべてアドリブだ。

「中の人」、相内アナの口の動きは音声から読み取り、身体の動きは身にまとった機材を通してCGに反映される。表情は相内アナが喋りながら手動で操作しているという。かなりの器用さが必要だが、本人は「幼いころからゲームで遊ぶのが好きだったので抵抗はなかったですね。任天堂『Switch』も持っています」。

WBSに携わるようになって10年目。本人は「すごく居心地がいい」と言う。

「会社立ち上げのころに取材したベンチャー企業さんが、先日、WBSでCMを流しているのを見たときは『うぉぉぉ!』って感慨深かったですね。私は群馬の出身で、中学高校と朗読や弁論ばっかりやっていました。思い描いていたアナウンサー像とギャップを感じて『向いていないんじゃないか……』と悩んだ時期もあります。それで、報道に移ったくらいから、仕事で迷いがあるとナレーションブースにこもって、いろいろな声色でニュースを読むことにしたんです。趣味でもあるし、好きなことでもあるアナウンサーの仕事に向き合う時間ですね」

アナウンサーの仕事に向き合った時間がVTuberと出会うことで活(い)き、「自分でも知らなかった自分」が見つかるのだから、人生は面白い。

「ユウカが登場すると、リアルの私が配信するより番組のSNSがハネるんです(笑)。彼女がもっと深くネットの世界に入り込めれば、ネットの人たちをテレビにググッと引き寄せられるかもしれない。これがユウカに課せられた使命なんじゃないかなと思っています。3月から始まる彼女の新番組は、WBSの放送終了後にユウカがスタジオに登場。帰り支度をする解説キャスターの滝田洋一さん(日経新聞編集委員)と山川龍雄さん(日経ビジネス編集委員)を捕まえて質問攻めにするという内容です。すでにユウカは滝田さんを『滝ジイ』呼ばわりしていますし(笑)、WBSでは観られないハードなイジりで、二人をネットの人気者にしてくれるんじゃないかな」

予測不可能なW相内コラボが新たな女性アナ像を生み出しつつある。

VTuberアナ・相内ユウカ(左)と相内優香アナ本人。ネット上ではなく生放送のスタジオに出演したことでVTuber業界からも称賛されたという

本番前の相内アナは真剣そのもの

「言葉の番人であれ」。先輩の大江麻理子アナがすべての原稿を読み、間違いや表現の仕方をチェックしている姿を尊敬しているという相内優香アナ
WBSのスタジオは、’16年11月に移転したテレビ東京の新社屋内にある。最先端のビルでセキュリティ万全だ スタジオに向かう相内優香アナ
特製ティラミスを持って “憩いの場所”社員食堂へ。撮影中、何度もスタッフに声をかけられた相内優香アナ。人気者である
オンエア前の打ち合わせ。「ディレクターさんたちスタッフとの相性がよくて、自然体でいられる」(相内優香アナ)
相内優香アナにとって唯一ツラいのが早朝取材。「入社以来、深夜勤務の”夜の女”ですから(笑)」。お疲れさま!
本誌未掲載カット テレ東・相内優香アナのスタジオ密着 Vチューバ―の分身が大反響
本誌未掲載カット テレ東・相内優香アナのスタジオ密着 Vチューバ―の分身が大反響
テレ東・相内優香アナのスタジオ密着 Vチューバ―の分身が大反響 オンエアがある日の相内優香アナの一日
相内ユウカの冠番組『相内ユウカにわからせたい!』は3月4日23時58分(WBS放送終了直後)よりYouTubeの『テレビ東京報道局』チャンネルで配信開始。以後、3月は毎週水曜に配信予定
本誌未掲載カット テレ東・相内優香アナのスタジオ密着 Vチューバ―の分身が大反響
本誌未掲載カット テレ東・相内優香アナのスタジオ密着 Vチューバ―の分身が大反響
本誌未掲載カット テレ東・相内優香アナのスタジオ密着 Vチューバ―の分身が大反響
  • 撮影村上庄吾

Photo Gallary14

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事