“嫌われ芸人”出川哲朗は、いまやテレビ界の救世主!

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

「ケンタッキーフライドチキン」の新商品イベントに登場した出川。サントリーやソフトバンクのCMに起用されるなど、好感度の高さで企業ウケも◎

日本テレビの夏の風物詩『24時間テレビ 愛は地球を救う』が今回初めて設置する応援団長に、出川哲朗(54)が就任することとなった。

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで見せる、どこか憎めないキャラクターで好感度が急上昇。かつて「嫌いな男ランキング」で殿堂入りした出川が、いまやテレビのレギュラーが4本、CMが10本という売れっ子になった。

自身初となるゴールデンでの冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)は「出川さんのキャラクターなしでは成立しない」とテレ東関係者は語る。

「電動バイクで全国を旅する番組なんですが、カメラが回っていないところも、すべて電動バイクで移動。SNS全盛のいま、不正はすぐバレるので、ガチでやっています。出川さんは休憩や食事で入ったコンビニや飲食店でも、時間の許す限り写真撮影や握手に応じる。そんな神対応ぶりだからこそ、皆さん、快(こころよ)く充電に協力してくれるのです」

出川のコミュニケーション力の高さは、芸能界で広く愛されている。


「同じスタジオに『アンジャッシュ』の渡部建が来ていることを知った出川さんが、渡部のいるスタジオを突撃訪問。『最近、稼ぎまくりの渡部さんじゃないですか~』と冷やかして嵐のように去ったことがありました。見事に空気が和(なご)み、出川さんの凄さを思い知らされましたよ。積極的に初登場の人や若手に声をかけて、ケアしてくれるのは、ベテランでは出川さんぐらい」(制作会社ディレクター)

出川人気を支えているのは、コミュニケーション能力だけではない。


「出川が所属するマセキ芸能社は『ウッチャンナンチャン』や『バカリズム』など、人気芸人を多数抱えています。そのため、上から目線のマネージャーが多くて評判はイマイチなのですが、出川に付いているマネージャーは違う。腰が低く、番組スタッフの意図も汲(く)んでくれる。タレントに人気があっても、マネージャーの態度が悪くて仕事が減るケースはありますが、”嫌われ芸人”なのに仕事が途絶えなかった背景には、マネージャーの手腕もある」(キー局プロデューサー)

出川が『24時間テレビ』の応援団長に選ばれた背景には「ウンナンを出演させたいという、番組側の目論見(もくろみ)があるのでは?」と日本テレビ関係者は指摘する。


「すでにスペシャルサポーターとして、南原清隆の出演が決まっています。しかし、最近の『ウッチャンナンチャン』は不仲説が出るほどピンでの活動が中心的。ウンナンを二人揃って番組に引っ張り出すのは至難の業なのですが――出川の頼みとあれば内村光良も首を縦に振るかもしれません。専門学校の同級生で35年来の友人でもある出川のことを、内村は昔から高く評価。自分の番組で使い続けてきましたから。ウンナンが『24時間テレビ』にサプライズ出演して出川を激励する場面が見られるかもしれません」

出川の「愛され力」が『24時間テレビ』を救うか?

 

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事