城島VS丸山なんてまだかわいい! 芸能界の“ドロ沼三角関係”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
先日、結婚報告会見を行った城島。実は彼には”ヤキモチ”妬きな一面があるようだ

“文春砲”炸裂か! タイトルを見てそう思った人は多いだろう。

《TOKIO城島・新婚妻・関ジャニ丸山 三角関係が招いた“広尾呼び出し”》

というタイトルが躍ったのは『週刊文春』(10月24日号)だ。先月結婚を発表したばかりの城島茂。その新妻・菊池梨沙は、本当に城島と関ジャニ∞の丸山隆平に二股をかけていたのだろうか……。

芸能人の“三角関係”は不倫、離婚に次いで、ゴシップ好きの芸能ウォッチャーが歓喜してやまない話題と言っていいだろう。

歴史は古く、今から半世紀ほど前、歌手の小坂一也は当時、十朱幸代と事実婚状態だったにもかかわらず、松坂慶子との熱愛が発覚した。また、’82年に大竹しのぶが最初の結婚をしたお相手のプロデューサーは、歌手の中村晃子と交際中だった。

最近では俳優の塩谷瞬が、モデルの冨永愛と料理研究家の園山真希絵と二股交際していることが発覚。記者に問い詰められた塩谷が大泣きしたのは記憶に新しい。

そして“登場人物が今一つ”と言われながらも、世間を騒がせたのが狩野英孝を巡ってのモデルの加藤紗里と歌手の川本真琴の女の闘い。騒動を振り返ってみると、’16年に川本が自身のツイッターで、

《特定の人へのメッセージです。(すいません、音楽と関係なくて)わたしの彼氏を取らないでください。一生一緒にいようって話してるし、思ってます》

とツイート。川本の交際相手が誰なのかとファンの間で話題になり、ネット上で相手探しが始まったが、間もなくしてスポーツ紙が狩野だと報じた。また川本のツイッターは、狩野が別の女性とも交際していることをうかがわせるものだったので、今度はその女性探しが始まったが、

《いきなりこの様な報告すいません。去年の冬からお互い事務所公認の上 狩野英孝とお付き合いさせていただいています。英孝からは川本真琴さんとゎ昔付き合っていたが半年前からストーカー状態と聞いてました。ファンのみなさま秘密にしていてすいませんでした》

とツイッターで加藤が発言。ドロドロの三角関係が露呈したのだ。

ほかにも、

紗栄子×ダルビッシュ有×小出恵介、
片岡愛之助×藤原紀香×熊切あさ美、
伊野尾慧×宇垣美里アナ×三上真奈アナ、
BIGBANG・G-DRAGON×水原希子×小松菜奈

などが報じられた。

さて、城島×菊池×丸山の三角関係だが、同誌によれば城島・菊池は何度か破局・復縁を繰り返していて、ちょうど破局していた時期に菊池が丸山と親しくなったという。その後どうなったかというと、3人の関係は特にこじれている様子はないというから、ファンは安心していいだろう。

“三角関係”と取り沙汰されてしまうのは、誰もが知るとおり芸能界は狭く、業界内で知り合うきっかけの方がはるかに多い。知人や友人という関係だけでも、その情報は伝播しやすく、交際していると噂が出てしまうことが多々あるのだ。そして週刊誌が飛びつく恰好の的なのである。

現在進行形ではなくとも、誰かの元カレ・元カノが、新たに誰かと交際しているという話は、それこそ芸能界ではごまんとある。いちいち反応して嫉妬などしていたら、芸能界ではやっていけないだろう。

城島の過度の“やきもち”が結婚生活に影響を及ぼさなければいいのだが――。

  • 佐々木博之(芸能ジャーナリスト)

    宮城県仙台市出身。31歳の時にFRIDAYの取材記者になる。FRIDAY時代には数々のスクープを報じ、その後も週刊誌を中心に活躍。現在はコメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事