大河だけでなく紅白歌合戦も正念場? 出演オファーをめぐる舞台裏

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
『日向坂46』、『Foorin』、『GENERATIONS』、『Official髭男dism』ら紅白初出演メンバーたち

大晦日の風物詩、NHK『紅白歌合戦』の出場メンバーが発表された。令和初&第70回の節目となる放送だが、報道陣は困り果てているという。

「11月14日にNHKで記者会見が行われたのですが、話題性が乏しくて……。『Kis-My-Ft2』ら初出場のアーティストが8組いるんですが、事前にスポーツ紙などが報じた通りのメンバーでサプライズがなかったんですよ。強いて言えば、ニュース性があるのは俳優の菅田将暉(すだまさき)がアーティストとして出ること、米津玄師(よねづけんし)の『パプリカ』の英語バージョンを歌う『Foorin team E』 のメンバーが紅白の最年少出演記録を更新したことぐらい。会見後に行われたNHK制作統括プロデューサーの囲み取材では、『米津の出演はあるか?』という質問ばかり飛んでいた」(テレビ誌記者)

看板番組だけに、NHKは情報管理を徹底。局内では出場メンバーも、件(くだん)の会見の日もトップシークレットとなっていたようだ。同じ日に記者発表を行った『Wの悲劇』(NHK・BSプレミアム)のプロデューサーは笑うしかなかったという。

「土屋太鳳と中山美穂がW主演する豪華作なのですが……『情報漏れが心配とはいえ、会見日くらい事前に一報をくれよ』という心境でしょう。『紅白の前に、こちらの宣伝を』と自虐的にアピールしていました」(スポーツ紙記者)

一方で、人気グループ『GENERATIONS』は、夏の時点で紅白出場がウワサされていた。

「彼らと同じ事務所に所属する『EXILE』は大晦日に福岡ヤフオクドームでカウントダウンライブを行うのですが、『EXILE』と『GENERATIONS』を兼任する白濱亜嵐と関口メンディーは、夏の時点でライブを欠場するとアナウンスされたのです。それで一部ファンが『紅白出場が決まったのでは?』と騒ぎ始めた。紅白の記者会見でメンバーは『直前に出場を知った』と答えていましたが、全員、紅白出場を記念するオリジナルTシャツを着ており、『かなり早い段階で知らされていたのでは』と疑惑は深まった」(前出・テレビ誌記者)

彼らのように出場を喜ぶアーティストがいれば、ブッキングに難色を示すアーティストもいるという。

「演歌歌手だと紅白に出場すると営業のギャラがハネ上がるというメリットがありますが、若い世代をターゲットにしているアーティストにはあまり旨味がない。逆に、出場を囁(ささや)かれていながら落選すると落ちぶれた感が出る。だから、早々と大晦日にカウントダウンコンサートを入れて、名前が挙がらないようにするアーティストも少なくないですね。そのほうが稼げますから。NHKもそこは心得ていて、紅白に出てほしい歌手を音楽番組『SONGS』などで大々的に取り上げたり、朝の連続テレビ小説の主題歌に起用したりして、ご機嫌取りに余念がないですよ」(レコード会社スタッフ)

逆に、朝ドラ『まんぷく』で俳優デビューし、『テンゴちゃん』でMCを務める岡崎体育は「出演したNHKの番組リスト」をSNSにアップして、紅白出場を猛アピールするも落選。「紅白出場を見据えてNHKの仕事を優先する歌手は、今後減るでしょう」(芸能プロ幹部)

紅白に出場することがステータスだった時代は、平成で終わったようだ。

『FRIDAY』2019年12月6日号より

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事