悪役キャラの亀田ファミリー圧勝 JBCが裁判でボロ負けした理由

東京地裁が日本ボクシングコミッションに4550万円の支払い命令

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
東京地裁での判決後、亀田興毅は本誌の取材に晴れやかな表情を見せ、「長かったですわ!」と語った

「ホンマに長い闘いやったけど、ダウンしても10カウントを聞かないようにしぶとく闘えた。必ず正義が勝つわけではないし、正義を押し通すのにも力がいるから。当時俺らは、『悪の化身』のように思われたけど、そんなに悪くないよと亀田家の名誉のために言っておきたい」

1月31日、東京地方裁判所に姿を現した亀田3兄弟の長男、亀田興毅(33)の表情は、晴れやかだった。

亀田ファミリーがJBCに対し6億6000万円という巨額の損害賠償を求めた裁判において、東京地裁は「4550万円の支払い」を命じる判決を下した。競技の統轄団体が〝ボロ負け〟するという異例の判決だが、いったいなぜ、こんなことが起きたのか。

事の発端は’13年12月に行われた、亀田大毅(31)の世界タイトルマッチまで遡る。この試合で大毅は敗れたが、対戦相手は計量オーバーで失格。規定により、大毅は王座に留まることができたが、「負けたくせに」と日本中から大バッシングが起き、亀田ファミリーは完全に〝悪役〟のレッテルを貼られた。

「亀田側には何の落ち度もなかったのに、JBCは世間の声を受けて、ジム会長らのライセンス資格を事実上剝奪した。それにより、亀田3兄弟は国内での試合ができなくなりました」(スポーツ紙ボクシング担当記者)

つまり、JBCは世間の声に流されてあり得ない処分を下し、それに怒った亀田側が提訴。時間こそかかってしまったが、当然のようにJBCが負けた、というわけだ。

だが、裁判に勝って試合終了というわけではない。興毅は判決後の会見で、

「(不当な処分をした)理事たちが代わらなければ、JBCは変わらない」

と、早くも次なる闘いのゴングを鳴らした。JBC関係者が言う。

「亀田サイドの要求は、組織体制の一新です。これには秋山弘志理事長、浦谷信彰事務局長ら訴訟の対象となったJBCトップの辞任も含まれる」

第2ラウンドでも、亀田側が勝利する可能性は十分にあるという。

「JBCの正味財産は620万を切っている。4550万円を支払うためにはどこからか借り入れるしかありません。貸付側からの条件として、混乱を招いた理事陣の交代が求められる可能性は極めて高いです」(同前)

この事態を何とか避けようと、JBC側は2月3日、判決を不服として控訴を行った。賠償額を減らすことが目的と見られている。

興毅は会見後、

「(仕事がなくて)暇なんや……」

と、悲しそうに本誌に語っていた。

JBCの体制が刷新されれば、亀田兄弟はおそらく、ジム経営などで再びボクシング界に携われるだろう。かつて日本中を騒がせた〝悪役〟が、善玉となって帰ってくる日は近い。

亀田ファミリーを日本ボクシング界から追放したJBCの秋山理事長。亀田側は理事らの退陣も求めている
事の発端となった’13年12月の亀田大毅の世界戦。試合よりもその後の大混乱に日本中の注目が集まった
本誌未掲載カット 亀田興毅 悪役キャラの亀田ファミリー圧勝 JBCが裁判でボロ負けした理由 東京地裁での判決後、本誌の取材に晴れやかな表情を見せた

『FRIDAY』2020年2月21日号より

  • 撮影濱﨑慎治(亀田興毅)

Photo Gallary4

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事