田中みな実 写真集大ヒットもTVの仕事は「値段据え置き」の理由

スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
同じくTBS出身でフリーに転向した先輩、小林麻耶のブリッコ路線を踏襲するかと思われた田中みな実だったが、意外な”キャラ変”が功を奏した

咋年12月に発売された元TBSアナウンサー、田中みな実(33)の写真集が60万部を突破する大ヒットを記録している。全国各地で行われたお渡し会には2万人以上のファンが殺到。特筆すべきはその参加者だ。なんと8割が女性だったのだ。田中はアラサー世代の女性たちのカリスマになりつつある。

「局アナ時代の決めゼリフは『みんなのみな実』。男性にはブリッコキャラが受けましたが、女性からは反感を買い、『嫌いなアナウンサー』の常連でした。ところが、フリー転身後は『家で観葉植物に話しかけている』などと、自らの”闇”を積極的に公開。この”キャラ変”が同世代の独身女子に刺さった。美を追求する姿勢も評価されています。田中のフリー転身を心配していた古巣のTBSアナウンス部の面々は、最近の人気を驚きながらも喜んでいますよ」(TBS関係者)

キー局ディレクターによれば、「この”孤独女子”キャラは、けっして計算されたものではない」という。

「田中が所属しているのは大手芸能プロダクション系列の事務所。宮根誠司や羽鳥慎一らも在籍していますが、アナウンサーに特化した事務所ではない。そのため、当初は仕事の方向性をめぐって、しばしば衝突していたようです。担当マネージャーが何人も交代し、本人も移籍を口にしていたとか。『オリエンタルラジオ』の藤森慎吾を超える恋人ともなかなか出会えなかったようで、演技じゃなくて本当に”孤独女子”でしたよ」

悩める田中の転機となったのが、女性誌『anan』(’17年9月20日号)での”肘ブラ”グラビアだった。このグラビアが大反響を呼んだことが、メガヒット写真集誕生につながったのである。

「写真集を企画したのは、田中の友人でもあるアンミカの本を担当していた女性編集者です。敏腕で知られ、写真集宣伝用に期間限定でインスタグラムを開設。毎回ネットニュースになるよう、セクシーカットを惜しみなく公開しました。目論見通り、投稿のたびに話題になり、ヒットに一役買った」(女性誌記者)

写真集のヒットは、「田中本人に大きな変化をもたらした」と前出のTES関係者は打ち明ける。

「ここでテングになったら、手のひら返しでバッシングされる―本人はそう考えているようで、写真集が売れるにつれ、腰が低くなっていったそうです(笑)。ブリッコキャラ全盛期、田中は『南海キャンディーズ』の山里亮太に『好きです』『番組全部観ています』などと色目を使ったことがあるのですが、その直後に彼女と藤森との熱愛が発覚。キレた山里にラジオ等でさんざんディスられたあげく、共演NGにされた過去を思い出したのかもしれないですね」

飾らず、奢(おご)らず、謙虚になった田中は、「人気のわりにテレビ出演ギャラが安い」と前出のディレクターは明かす。

「局アナ時代から付き合いのある番組だと、一本15万円から交渉可だそうです。リーズナブルでかつ、メイン視聴者である女性の人気が高いとなると、テレビは放っておかないですよ。写真集がヒットした後もギャラは値上げしていないそうですから、田中みな実の快進撃はしばらく続くでしょう」

失敗は成功の母、なのである。

 

『FRIDAY』2020年3月13日号より

  • 撮影齋藤雅昭

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事