志村けんさん「壮絶コロナ闘病」舞台裏と過酷な“お別れ”の瞬間

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
キャデラックやロールスロイスなど、志村けんさんには高級外車がよく似合う(‘19年)

「想定はしていたが、悲しすぎる……」

そう絞り出すのはスポーツ紙芸能担当記者だ。

タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなっていたことが3月30日にわかった。

志村さんは全身の倦怠感と呼吸障害を訴え、3月20日に東京・港区の病院に入院。23日に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た。関係者によると「その時点でかなり危険な状態だった。人工呼吸器をつけ、ICU(集中治療室)に入っていた」という。

翌24日に人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を求めて、新宿区内の病院に転院。同病院は感染症の専門医がおり、24時間体制で治療に当たってきたが、帰らぬ人となった。

「29日の段階で危篤情報が流れていた。一部で『峠は超えて、小康状態』と報じられていたが、あれは表向き。実際は陽性反応の出た23日時点から非常に厳しい状態だったと聞いていた」(前出・スポーツ紙記者)

最近は禁煙していたようだが、志村さんはもともと「1日60本」吸うほどのヘビースモーカー。肺気腫を患っていたこともあり、肺炎の進行スピードがとにかく早かった。

「肺気腫とは本来の肺構造が破壊されて空気がたまってしまい、うまく息を吐けなくなってしまう病気を指します。原因の多くは喫煙であり、たばこに含まれる成分によって正常な肺組織が破壊されることによって発症します。現在の医療をもってしても一度壊れた肺組織をもとに戻すことは困難。志村さんが禁煙したのも、肺気腫が悪化していたためでしょう」(医療関係者)

最初に入院した港区の病院では人工呼吸器による治療を行っていたが「人工呼吸器の出力に志村さんの肺が耐えられなかった」。そのため、自己肺を休める効果のある人工心肺装置に切り替えたわけだが「劇的に回復することはなかった。言い方は悪いが、手遅れだった」(ともに同・医療関係者)という。

志村さんの死を受け、交流のあった著名人は驚きと悲しみの声を上げた。

日本テレビ系『天才!志村どうぶつ園』などで共演経験のある「ハリセンボン」近藤春菜は出演中の『スッキリ』で訃報を伝え聞き、大号泣。

「私達が若手の時からすごく見ていただいて……。いつも楽しく、私達が何でも言いやすい環境を作ってくださって、そばでお笑いを一緒にできたことは、本当に私の人生にとって幸せなことか、宝物かって思います」

と語るのがやっとだった。

落語家・立川志らくはTBS系『グッとラック!』で、「こんな事があっていいのか。芸能界にとって、お茶の間のファンにとってこんな事起きていいのかというほどの衝撃」と絶句。“盟友”の研ナオコはツイッターで「けんちゃん、駄目だった(涙)どうしよう、、」とつぶやき、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)などで長年共演してきたタレントの桑野信義はブログで「志村けん師匠の悲報を知りました 殿!嘘でしょう…」と記した。

ほかにも、志村さんと「週5で会う」とも話していた「千鳥」の大悟や、交際説のあった女優の石野陽子、優香や小林恵美、みひろ、足立梨花、磯山さやかなどの新旧「志村ガールズ」の面々も、突然の出来事にショックを受けているという。

所属事務所「イザワオフィス」によると、葬儀・告別式は近親者のみで執り行うという。だが、“コロナ死”ほど遺族にとって残酷なものはない。前出の医療関係者の話。

「亡骸になってもコロナウイルスは体内に残っているので、安易に近付くことはできません。厚生労働省の通達にも、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいとされています。遺体袋に入っているために棺の窓は堅く閉ざされており、お顔を見ての最期のお別れができません。

感染爆発しているイタリアでは、臨終の際に立ち会った聖職者が次々とコロナに感染し、亡くなっている。葬儀が断られるケースも出てきているようです。新型コロナが残酷なのは、死後も行動を制限されること。お世話になった人々が、故人に感謝の気持ちを伝えることもままならないのです」

志村さんの兄の知之さんは取材陣に対し「顔を見られずに別れなくてはならなくて、つらい」と涙ながらに語っていた。稀代のコメディアンを奪ったコロナが憎い――。

  • PHOTO西原 秀

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事