アイドルから化粧品開発まで 山田孝之の所属事務所が芸能界席捲中

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

人気ドラマ『テセウスの船』(TBS系)で注目の子役を輩出するなど、芸能プロ「スターダスト」の快進撃が止まらない

ネット配信ドラマでかつ題材がAVという異色作『全裸監督』で村西とおる役を熱演。話題になった山田孝之(右)も「スターダストプロモーション」の所属だ

『テセウスの船』(TBS系)がシリーズ最高となる19.6%という高視聴率で幕を閉じた。作中で主演の竹内涼真(26)や鈴木亮平(37)に負けない存在感を放っていたのが、事件のカギを握る小学生を演じた柴崎楓雅(しばざきふうが)(11)だ。

「東京・二子玉川で食事しているところをスカウトされ、小学3年生のときにデビューしています。彼が所属する『スターダストプロモーション』の発掘方法はスカウトが基本なのですが、その目利きぶりが証明されました」(芸能プロ幹部)

同社のトップは氷川きよし(42)ら大物演歌歌手を抱える「長良プロダクション」や、上戸彩(34)が所属する大手事務所「オスカープロモーション」のマネージャー出身。野々村真(55)や森尾由美(53)の成功をきっかけに、常盤貴子(47)や山田孝之(36)といった人気俳優からアーティスト、キャスターまで、約1000名が所属する大所帯となっている。

「’08年に結成した『ももいろクローバーZ』のブレイク以降は、とくにアーティストの育成に力を入れていますね。実はそれよりだいぶ前、’00年に『スターダスト』は同社の新人たちで『ロンチャーズ』という美少女ユニットを世に送り出しています。売れはしませんでしたが、沢尻エリカ(33)や小嶋陽菜(31)、元TBSアナウンサーの枡田絵理奈(34)ら、メンバーは後に名を成した者ばかりでした」(アイドル誌編集者)

女性グループだけでなく、『EBiDAN』という男性アーティスト集団も結成。俳優としても活動する北村匠海(22)が所属する『DISH//』など、ジャニーズが独占していた男性アイドル市場で存在感を増しつつある。

「『モーニング娘。』らが所属する『ハロー!プロジェクト』の敏腕マネージャーが『スターダスト』に移籍したことも話題になりました。もちろん、アイドル育成のノウハウを買ってのことでしょう」(前出・アイドル誌編集者)

ここ最近、「有能なマネージャーの同社への転職が相次いでいる」と前出の芸能プロ幹部は打ち明ける。

「『ももクロ』のマネージャー、川上アキラ氏が『ボーナスだけで1500万円もらっていた』と報じられていましたが、『スターダスト』はタレントが売れれば、そのぶん、担当者に還元されるシステム。そりゃ、やり甲斐ありますよね」

当然、タレントの給料も売り上げに応じて上昇する。キー局ディレクターによれば「メディアから反感を買うほどのタレントファーストぶり」だという。

「他社のタレントと比べると、番組のプロモーションなどに協力的じゃないんですよね。機嫌や体調など、タレントの意向が最優先されてしまうので……」

いま、力を注(そそ)いでいるのが化粧品事業だという。

「昨年12月に美容液の一般販売を始めました。所属モデルの鈴木えみ(34)が開発アドバイザーに名を連ねています。テレビ局では『タレントの売り込みより、美容液の宣伝活動のほうが熱心なんじゃないの』なんてジョークが飛んでいましたよ(笑)。業界の人は定価の8掛けで購入できるので、実際に愛用者は増えていますしね」(ヘアメイク)

“巨艦”『スターダスト』の行く先に業界が注目している。

 

『FRIDAY』2020年4月17日号より

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事