「ダメなら引退」とんねるず石橋貴明YouTubeデビューの勝算

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
YouTubeデビューを決意した「とんねるず」石橋貴明。どんな映像を見せてくれるのか……(‘19年)

かつてバラエティー番組の黄金期を支えた大御所「とんねるず」の石橋貴明がついに6月18日にYouTubeデビューを果たした。さらに同日ツイッターのアカウントも開設。

初投稿の動画では、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で演出を担当したマッコイ斎藤氏がYouTubeをやるように誘ったことを明かしている。

「かつてバブル期には『みなさんのおかげでした』『とんねるずの生でダラダラいかせて‼』(日本テレビ系)といった長寿冠番組を持ち、1本のギャラは300万円以上と言われるほど芸能界随一の破格でした。

昔はタレントの長者番付のではダウンタウンを上回り1位でしたが、近年ではギャラと視聴率がだんだん見合わなくなりほとんどの番組が打ち切りとなった。今やとんねるずが2人そろって見られる番組はありません」(芸能リポーター)

‘18年にはファンクラブも解散。タレントの中で最も稼いでいた伝説級の大物芸人・石橋も、今やレギュラーは深夜の30分番組『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)のみだ。

動画では斎藤氏が「貴さん今暇でしょ? 木金(収録の)“みなさん”もなくなったし」と聞くと「うん暇だね」と石橋もあっさり。斎藤氏が「YouTubeやりませんか?」と提案すると、石橋はポケットから自身のガラケーを取り出し、画面をスクロールする仕草で「俺の携帯YouTube出てこないもん」とボケ。機械には疎いようだが、斎藤氏は「なんでもノリでやっちゃいましょう。ノーコンプライアンスで」とやる気を見せた。

さらに同日の深夜に放送されたお笑いコンビ「おぎやはぎ」がパーソナリティーを務める『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)に石橋と斎藤氏はサプライズでスタジオに乱入。YouTubeとTwitterを開始したことを宣伝しつつ、

「俺ほぼ戦力外通告だから」
「最後の死に場所をマッコイが作ってくれた」
「この1年やってみてダメなら引退」
「野球ならユニフォームを脱ぐか脱がされるかという段階」

と背水の陣の覚悟で行うことを、おぎやはぎの前で包み隠さず宣言した。すると小木が、

「カッコつけて言ってますけど、戦力外通告受けてるなら、もうユニフォーム脱がされてるんじゃないですか」

と冷酷なツッコミで笑いが起きた。

しかしこの宣言後SNSでは、

《引退しなくていい。貴さんの存在は後輩達に必要》
《スキャンダルで自滅していく芸人より数段マシ》
《引退せずにのんびりやればいい》

と、石橋の引退危機に惜しむ声が殺到した。

「視聴率が悪いということは世間に受け入れられていないということですが、本人が引退を匂わすとやはり世間は寂しく感じるようです。かつてライバルと言われたダウンタウンはいまだに第一線で活躍。ウッチャンナンチャンの内村さんも紅白歌合戦の司会まで務めるなど、石橋さんとは圧倒的な差がついてしまった。しかし、そのクラスの大物がついにYouTubeデビューしたことで注目が集まっていることも事実。ファンは本当に喜んでいるようです」(前出・芸能リポーター)

YouTubeのコメント欄には《涙しながら見てる》《本当に感動》と根強いファンからの支えがあるようだ。

来年10月で還暦を迎える石橋。引退をかけた“背水の陣”を切り抜け、芸能界に残ることはできるのだろうか――。

  • PHOTO西圭介

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事