キムタクもお気に入りの綾瀬はるかと韓国人俳優「熱愛報道」の真相

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
久々に熱愛報道が飛び出した綾瀬はるか。その真相はいかに……(‘18年)

日本のトップ女優・綾瀬はるかに交際報道が飛び出した。

「女性セブン」が報じたもので、お相手は韓国人俳優のノ・ミヌ。知られた名前ではないが、歌手としても俳優としても実力は折り紙付き。活動拠点は日本で、日本語も堪能という。

同誌によれば、ミヌが兵役を終えた‘18年ごろに2人は知人の仲介で出会い、意気投合。ほどなくして交際に発展したという。

だが、セブンのスクープが朝刊スポーツ紙やワイドショーで報じられることは皆無だった。舞台裏についてテレビ局関係者が明かす。

「綾瀬さんが所属する『ホリプロ』に”忖度”した部分が大きい。セブンの一報を受け、ホリプロには問い合わせの電話が殺到したが、広報担当者は『絶対にない』と完全否定。聞けば、2人は面識があっても2年前の1度だけ。綾瀬さん本人も『何でこんな記事が出るの?』と不思議がっていたとか。

ホリプロはセブンにもその旨を伝えたそうですが、掲載された事務所コメントは『友人ですがそれ以上の関係ではありません』という一文のみ。これに対しても不快感をあらわにしていました」

綾瀬は今年で35歳。過去のインタビューでは「34歳ぐらいまでには結婚したいな」と答えている。ホリプロは“恋愛禁止”を強制するような事務所ではないが……。

「綾瀬さんは東京五輪のナショナルクライアント数社でイメージキャラクターを務めています。五輪が終わるまでは色恋沙汰はご法度、とも言われている。イメージ的にもホリプロは完全否定するしかなかったのです」(スポーツ紙記者)

ホリプロにとって綾瀬は稼ぎ頭。給料は月給制と歩合制があり、売れっ子の大半は歩合制を選択する。そのなかでも綾瀬は最高峰で、次点で妻夫木聡や和田アキ子などが続く。

「事務所内では綾瀬さんを“第2の吉永小百合に”という声も上がっています。毎年8月にTBSの終戦番組に出演しているのは、採算度外視というか、いわば箔をつけるため。東日本大震災の復興プロジェクトにも激安ギャラで出ていた、と聞きます。ただの“かわいい女優”で終わらせないあたりが、うまいところです」(同・スポーツ紙記者)

とはいえ、実際にミヌとの交際報道は誤報なのだろうか。追跡すると、必ずしもそうとは言い切れない部分もある。ワイドショー関係者の話。

「昨年6月に綾瀬さんの実父が亡くなっていたことを真っ先に伝えたのがセブン。肉親の訃報を抜くのは極めて難易度が高い。状況から察するに、セブンには綾瀬サイドに太いパイプがあると想像できる。そう考えると、今回の報道も事務所が否定したからといって、真に受けるのは早計かもしれない」

綾瀬はこれまでドラマで共演した俳優・大沢たかおや松坂桃李と熱愛が報じられた。前者の時には綾瀬を乗せた車が大沢の関係先に出入りする現場を激写されているにもかかわらず、ホリプロは頑なに交際を否定した。それほど綾瀬は事務所にとって金看板なのだ。

他方で、綾瀬自身はテレビで見るまんまの、誰からも愛されるキャラクターだ。たまにトンチンカンなことを言うこともあるが、それもご愛嬌。NHK紅白歌合戦のリハーサルでは司会者でありながらマイクを忘れてステージに立ったり、アーティストの名前を噛んだりして、周囲を和ませる“特殊能力”を持つ。

「元SMAPの木村拓哉さんや、俳優の堤真一さんも彼女を大のお気に入り。『見ていて飽きない』というのがその理由です(笑)」

とは芸能プロ関係者。何度かマスコミに撮られてはいるが、“第六感”も備わっているようで、張り込み部隊の追跡にすぐ気付くタイプという。セブンの交際報道には決定的なミヌとのツーショット写真はない。

だが、綾瀬とミヌとの“熱愛写真”が今後、ひょっこり出て来る可能性はあるかもしれない――。

  • PHOTO山田 宏次郎

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事