恋のウワサ再燃!?綾瀬はるか「佐藤健と仲良く帰京」現場 | FRIDAYデジタル

恋のウワサ再燃!?綾瀬はるか「佐藤健と仲良く帰京」現場

総力取材!人物ワイド 気になる男女「人生の分岐点」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

『ぎぼむす』SP共演で恋のウワサが再燃

夜9時前、新幹線で一緒に帰京した綾瀬はるかと佐藤健(奥)。この後、送迎車に乗り込むまで、人目も気にせず喋り続けた

週末の品川駅――最終電車が迫る新幹線改札口から、肩を並べて出てきた一組のカップルがいた。

二人ともキャップとマスクで顔の大部分が隠れているが、隙間から覗(のぞ)くクリクリとした瞳が尋常じゃないほど美しく、他の乗降客をクギづけにしていた。

と、先に改札口を抜けた女性がソッと振り返り、男性に話しかけた。

「タケちゃん〜♡」

目ヂカラありすぎカップルの正体は、綾瀬はるか(36)と「タケちゃん」こと佐藤健(たける)(32)であった。

「’13年に映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』で恋人役を演じて以来、定期的に熱愛のウワサが出ていますね(笑)。ただ、親密なのは間違いない。映画の番宣で出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)での二人の会話はすべてタメ口。互いのエピソードに『その話じゃないよ〜』などと口を挟んだりしていました。MCの上田晋也(51)に付き合ってしまえば? と振られても佐藤は『ありますね』と否定しなかった」(キー局ディレクター)

その後も「綾瀬は佐藤のことを『タケちゃん』と呼んでいる」などと親密エピソードが報じられたが、実際、本誌の目の前で彼女は佐藤を「タケちゃん」と呼ぶのだった。綾瀬は紺のロングコート、佐藤は黒のニットというファッションで、特筆すべきは、二人ともバックパックを背負っていたこと。これってつまり、お泊まりで旅行に出かけていたってこと!?

「来年1月放送予定の『義母と娘のブルース』(通称・ぎぼむす。TBS系)の、新春スペシャルの撮影帰りだったようです。遠方でロケがあったのでしょう」(綾瀬の知人)

たしかに、二人のそばにはマネージャーと思(おぼ)しき女性の姿があった。

だが――品川駅は多数の乗降客でゴッタ返していたのに、マネージャーらしき女性は二人が並んで歩くのを止めようとしない。『ぎぼむす』新春スペシャルに佐藤が出演すると報じられたことで、二人の熱愛説がネットを中心に再燃しているのにもかかわらず、だ。

品川駅にはそれぞれ、お迎えの車が待機していたが、二人は車に乗り込むその瞬間まで名残惜しそうに語り合った。

「昨夏、綾瀬と韓流スターのノ・ミヌ(35)との熱愛報道が飛び出した際、彼女が所属するホリプロは『交際の事実はない!』と強く否定しました。看板女優で大企業のCMを多数抱える彼女のイメージを守るためです。だからこそ、綾瀬が新型コロナに感染して入院した際に『上級国民』と叩かれたことを悔やんでいた。女性人気バツグンの佐藤健との交際は好感度アップ、役者としてのランクアップにも繋がるから歓迎でしょう。『ただの共演者です』と言いわけできるし、ドラマの宣伝にもなる。だからこそ、堂々と二人で歩かせたのではないか」(芸能プロ幹部)

たしかなのは――綾瀬の足取りも声も、ウキウキと軽かったということ。ビッグカップルの誕生を願いたいが、さて!?

この目ヂカラで見つめるのは綾瀬の背中。改札を出た後、しばらく彼女の後ろを歩いていたが、ほどなくして隣へ

『FRIDAY』2021年12月10日号より

  • 撮影高橋哲也

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事