TBSドラマ好調の理由は「独自のキャスティング戦略」にあった

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
8月下旬、都内で『MIU404』のロケに臨む星野源。綾野剛とのコンビ、汗を飛び散らせながらの熱演を10代~40代の若年女性視聴者が支持した

日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)がついに大団円を迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大によって撮影が中断。当初の放映開始予定日4月19日から3ヵ月遅れてのスタートとなったが、全10話で世帯視聴率20%超えを果たし、最終回は32.7%でゴールを切った。

「夏ドラマで目立ったのがTBS系ドラマの奮闘でした。多部未華子(31)がおじさん家政夫の大森南朋(48)を雇う『私の家政夫ナギサさん』は、同枠で放送された逃げるは恥だが役に立つ』を超える全話平均15.1%。綾野剛(38)と星野源(39)がW主演した『MIU404』も全話二ケタをキープ。最終回は14.5%をマークしました。〝ドラマのTBS〟が復活しましたね」(テレビ誌編集者)

TBS系ドラマの看板枠が日曜劇場なら、フジテレビ系ドラマのそれは「月9」だった。『東京ラブストーリー』など数々のヒット作を生み出した月曜9時のドラマはしかし、いまや視聴率が一ケタ台も珍しくない。この差は何なのか。

「キャスティングの方法が根本的に違いますね。出演者を押さえてから、その俳優に合う作品を当てはめるフジに対し、TBSは基本的に作品が優先。やりたい作品が決まってから、それに合う俳優を当てはめる……当たり前の話に思えるでしょうが、これがかなり難しい。数字が取れる俳優は一握りで、人気俳優ともなると2年先までスケジュールが埋まっているなんてザラですから。

かつてはフジもジャニーズのタレント主演で進めていた『のだめカンタービレ』を原作と合わないという理由で変更したこともあったんですけどね。いい作品を作りたいけれど、数字も取らねばならない、というジレンマですよね」(芸能プロ幹部)

『半沢直樹』は続編放送まで7年かかった。来年1月にスペシャルドラマとして復活することが決まった『逃げるは恥だが役に立つ』は、前作から約4年のブランクが空いている。

「続編まで想定してスケジュールを押さえない限り、ブランクが2年以上空くのは仕方ない。『逃げ恥』の星野源なんて、アーティスト活動をしていますから、なおさらです。先に出演者が決まっているほうが、スポンサーに広告枠を売りやすいですしね」(広告代理店関係者) 

「俳優や原作のチョイスに他局以上に時間をかけるのもTBS流」と言うのはキー局プロデューサーだ。

「『逃げ恥』も『わたナギ』も漫画原作ですが、誰もが知る超有名作ではありませんでした。知名度を無視して、本当に面白い作品を見極めるセンスがある。TBSのプロデューサーは舞台に熱心に足を運び、実力派や個性的な俳優を発掘する作業にも注力しています。『半沢直樹』で曾根崎役を演じた佃典彦(56)は名古屋の演劇界の重鎮ですが、全国的には無名でした。役柄にハマると思えば、無名であっても起用できる――それも強みです」 

『半沢直樹』を手掛けたのが、辣腕(らつわん)監督の福澤克雄氏だったことも大きい。

「福澤監督は『下町ロケット』や『陸王』など他にもヒット作を量産したことで、役員待遇になっているTBSの〝S級〟社員。だからこそ潤沢な制作費が使え、数千人のエキストラが参加するロケも許可されるわけです」(TBS関係者)

「かけた時間とカネが質を生む」のだ。

『FRIDAY』2020年10月16日号より

  • 撮影原一平

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事