今日俺、鬼滅が強さを見せた「20年下半期映画界」の特徴

2020年の映画界を振り返る・後編(7~12月)

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

FRIDAYデジタルでは、2020年の映画界を前編・後編の全2回で振り返る特集企画を展開中。後編では、下半期(7~12月)の内容に絞って、出来事や公開作品を振り返っていく。

快進撃が止まらない『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。2020年の映画界を振り返るうえで外せない一本だ 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』絶賛上映中 ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

新型コロナウイルスの蔓延によって、4月16日から5月31日まで全国的に映画館が休業を余儀なくされた上半期。その後、営業を再開するも、座席は「ひと席ずつ間隔を空ける」ルールが敷かれ、そのまま下半期に突入した(座席のフル稼働が実現したのは、9月19日)。

緊急事態宣言が解除されても、厳しい状況での幕開けとなった下半期。ただ、その中でもキラリと光る良作や傑作が、人々の心をつかんだ。『TENET テネット』や『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』といったヒット作も絡めて、今一度見ていこう。

【2020年の映画界を振り返る・前編(1月~6月)はコチラ】

『TENET テネット』の大ヒットで監督から感謝状が届く(7~9月)

緊急事態宣言が解除され、映画館の営業が全国的に再開したとはいえ、ディズニーが劇場公開を軒並み延期&一部作品を配信スルーに切り替えたこともあり、夏映画の大作はほとんど劇場公開できない状況。

そんな中で気を吐いたのが、『今日から俺は!! 劇場版』。興行収入53億円を超す驚異的なヒット(12月25日現在、2020年の実写1位。総合2位)となり、強さを見せつけた。7月23日に公開された『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、38億円を記録。『パラサイト 半地下の家族』に続く総合4位につけている。

ドラマ版に続き、福田雄一監督がメガホンを取った『今日から俺は!! 劇場版』。(C)西森博之/小学館 (C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

8月7日には、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が公開。こちらは33億円超で、5位にランクインした。その後、菅田将暉と小松菜奈が共演した『糸』(8月21日公開)が22.4億円で8位、亀梨和也主演の『事故物件 恐い間取り』(8月28日公開)が22.8億円で7位という結果に。

洋画では、8月21日に公開された『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』が映画ファンの間で「年間ベスト」の呼び声高い作品となった。9月4日に封切られたドキュメンタリー『行き止まりの世界に生まれて』『mid90s ミッドナインティーズ』もミニシアター界隈でヒット。ともに90年代のスケボー文化を描いており、“はしご観賞”する人も多かったようだ。

9月18日には、全世界待望のクリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』が公開。ちょうど映画館の全席解禁と重なり、国内興行収入26億円超のヒット(総合6位)を記録した。日本以上に新型コロナウイルスの被害が深刻だった諸外国では、なかなか思うような結果を残せず、アメリカではこの結果を受けて他の大作が軒並み撤退することにもつながった。

クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』 © 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ちなみに、東京・池袋のグランドシネマサンシャインでの『TENET テネット』のIMAX上映の公開4日間の成績は、世界第1位だったそう。ノーラン監督から直筆のメッセージが届き、ニュースとなった。

9月25日には、草彅剛がトランスジェンダーに扮した『ミッドナイトスワン』が封切られ、耳目を集めた。高評価を与える観客が多く、公開10週目で6.5億円を突破するロングランヒットを記録した。

【『ミッドナイト・スワン』特集記事】

『ミッドナイトスワン』 ©2020 Midnight Swan Film Partners

圧倒的強さだった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(10~12月)

10月に入ると、洋画大作はほとんど・邦画の大作は一部公開を見送る形でほぼ固定化されてきた。10月2日公開の『浅田家!』、10月30日公開の『罪の声』は、共に10億超えのヒット。10月23日に公開された『きみの瞳が問いかけている』も、それに次ぐ数字を記録。原稿執筆時点ではまだ公開中のため、最終的な数字はもう少し伸びそうだ。

そして……10月16日に公開された2本の映画が、日本映画界を熱く盛り上げた。1本目は、黒沢清監督による『スパイの妻<劇場版>』。第77回ヴェネツィア国際映画祭の銀獅子賞(監督賞)を受賞する快挙を成し遂げ、日本映画界を沸かせた。

興行面では、今年最大の話題作となった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、力強くけん引。12月27日には興行収入が324億円を突破し、リバイバル上映の数字が足された『千と千尋の神隠し』の316億円を超え、日本国内における興行収入歴代1位へと上り詰めた。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』絶賛公開中 配給:東宝・アニプレックス ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

また、10月23日に公開された河瀨直美監督作『朝が来る』は、第93回アカデミー賞の国際長編映画賞部門の日本代表作品に選出された。こちらも、まずはノミネートされるかに注目だ。

11月7日には、中国のアニメーション映画『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』が公開。花澤香菜や宮野真守をはじめとした、超豪華な吹き替え声優陣と、大スケールのアクションシーンなどが熱狂的なファンを多数生み出した。

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』11 月 7 月(土)より全国公開中 配給:アニプレックス、チームジョイ (C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

11月27日には、人気バンド「King Gnu」などのMVを手掛ける新鋭・内山拓也監督による青春映画『佐々木、イン、マイマイン』が公開。批評家層・観客双方でハマる人が続出し、「新たな青春映画の傑作!」と歓喜する声が相次いでいる。

12月に入ると、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・ゼメキス監督がアン・ハサウェイと組んだ『魔女がいっぱい』(12月4日公開)や、人気ヒーロー映画の続編『ワンダーウーマン 1984』(12月18日公開)が登場。他の洋画メジャースタジオが来年に照準を合わせるなか、『TENET テネット』をはじめ、ワーナー・ブラザースが気張った印象だ。

『ワンダーウーマン 1984』2020年12月18日全国ロードショー 配給: ワーナー・ブラザース映画 (c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

12月11日には、福田雄一監督が常連キャストを集めた『新解釈・三國志』が公開。初日から3日間で興収7.7億円を記録し、『今日から俺は!!劇場版』と共に、相変わらずの人気ぶりを証明した。実写の日本映画としては、恐らく本作が今年最後のヒット作となりそうだ。

また、Netflixではオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』が、12月10日から配信開始。『キングダム』の佐藤信介監督、山﨑賢人、土屋太鳳の共演で、異世界に飛ばされた人々が過酷なサバイバルゲームに挑む姿を描くスペクタクルアクションだ。Netflix内の人気ランキング第1位を獲得するなど、好調をキープしており、12月24日には第2期の制作も発表された。

『今際の国のアリス』 Netflixで12月10日より配信中 (C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT

ちなみに、12月25日にはアニメ版『ジョゼと虎と魚たち』『えんとつ町のプペル』『劇場版ポケットモンスター ココ』といったアニメーション映画が公開。前2作は、ボンズ、STUDIO4℃といった世界的にも評価を受けるスタジオが制作を手掛けており、『ポケモン』は言わずもがなのヒットコンテンツ。

ディズニーによる配信サービス「ディズニープラス」では、12月25日から公開延期中だった『ソウルフル・ワールド』を配信開始した。これらの作品の躍進は、年明けにも続いていくことだろう。

『ソウルフル・ワールド』 12月25日(金)ディズニープラスにて17時より独占配信開始 (C)2020 Disney/Pixar.

本稿では主に、劇場公開作品を中心に振り返ってみたが、いかがだっただろうか。こうしてみると、大打撃を受けつつも、戦い続けた映画業界の“強さ”が改めて感じられる。誰もが不安を抱えて生きる毎日だからこそ、映画が必要だ――。そんな気概を感じさせる1年だった。

ちなみに、新型コロナウイルス次第な部分もあるものの、来年は今年の借りを返すかのように怒涛の作品ラッシュになる予定。ぜひ楽しみにしていただきたい。

  • SYO

    映画ライター。1987年福井県生。東京学芸大学にて映像・演劇表現について学ぶ。大学卒業後、映画雑誌の編集プロダクション勤務を経て映画ライターへ。現在まで、インタビュー、レビュー記事、ニュース記事、コラム、イベントレポート、推薦コメント等幅広く手がける。

Photo Gallary9

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事