安藤美姫が週2回スケートリンクに通って娘を「英才教育中」 | FRIDAYデジタル

安藤美姫が週2回スケートリンクに通って娘を「英才教育中」

伝説の美人スケーターが我が子(ひまわりちゃん・7)に託す「夢」 現役引退後はタレントとして活躍中

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

世間を驚かせた突然の出産から約8年。生まれた女の子は母親のもとで順調に成長していた。

2月上旬、自宅近くのスケートリンクに向かう安藤と娘のひまわりちゃん。翌日も二人はリンクを訪れていた

2月上旬、東京近郊の住宅街に仲良く手をつないで歩く母と娘がいた。しばらく歩くと娘はつないでいた手を離し、母親の前でクルクルと回って踊りを披露し始める。母親もそんな娘を笑顔で見守っている。仲睦まじい様子のこの親子は、元フィギュアスケート選手の安藤美姫(33)と、娘のひまわりちゃん(7)だ。

「安藤が娘を出産したのは’13年4月。父親を明かさず、出産後も未婚のままだったため、世間では大きな話題となりました。娘の父親については、安藤本人は口を噤み続けています」(スケート関係者)

この日、安藤とひまわりちゃんが向かった先は、自宅から徒歩圏内にあるスケートリンク。二人は建物内に入っていくと、約1時間後、再び屋外に姿を現した。

「ひまわりちゃんはフィギュアスケート教室に通っています。基本的にレッスンは週に1回ですが、安藤さんは他のママより熱心で、通常のクラス以外にも個別でレッスンを受けさせています。だいたい、週に2回は通わせているはず。彼女の教育ママぶりは有名で、娘には他にもバレエなど、6〜7つの習い事に通わせているようです」(安藤の知人)

この証言通り、翌日も本誌はスケートリンクに向かう安藤とひまわりちゃんを目撃している。

女子で初めて4回転ジャンプを跳んだ元スター選手は、自身が叶えられなかったオリンピックでのメダルという夢を娘に託しているのか。3月上旬、本誌は最寄駅から自宅に向かう安藤に話を聞いた。

――娘さんがフィギュアスケート教室に通っているようですが、将来、選手になってほしいという思いはあるのですか。

「とくにそういう思いがあるわけではなく、他にも習い事をしているのでその内の一つとしてやらせています。私も小さい頃、習い事をたくさんしていましたし」

――安藤さんがひまわりちゃんのコーチを務める可能性もあるのでしょうか?

「先生にお任せしているので、私が教えることはありません」

最後に、安藤の恋愛事情についても尋ねてみた。

――2月下旬に放映されたバラエティー番組内の合コン企画では、俳優の堀丞さん(28)とカップルが成立しましたが……。

「恋愛はしていないです。堀さんは、共演させていただいた仲間の一人ですね」

今の安藤にとっては、自分自身の恋愛よりも娘への「英才教育」が一番大事なのだろう。

3月上旬、本誌の直撃に答える安藤。「フィギュアスケートはたくさん習わせている習い事の一つ」だと語った
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット

『FRIDAY』2021年3月26日・4月2日号より

  • PHOTO桐島瞬(2枚目)

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事