木下優樹菜の熱愛報道当日も娘を送迎 フジモンの「優しき家族愛」 | FRIDAYデジタル

木下優樹菜の熱愛報道当日も娘を送迎 フジモンの「優しき家族愛」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
娘を後部座席に座らせ、愛車に乗り込むフジモン。1年前の直撃の際は、ユッキーナと娘たちと食卓を囲むこともあると話していた

本誌7月9日発売号で報じたユッキーナこと木下優樹菜(33)と『湘南ベルマーレ』所属のイケメンJリーガー・三幸秀稔(みゆき ひでとし)選手(28)の半同棲愛。すでに2人の娘たちもすっかりと懐いているようで、三幸選手と次女(5)がサッカーを楽しむ姿なども見られた。しかし、そこで気になるのは’19年末に離婚した元夫・藤本敏史(50)との関係だ。直撃取材の際、フジモンについて話を振ると、ユッキーナは次のように答えていた。

「私に……こういう“特別な存在”がいるのは……知っているんで」

昨年6月19日号で本誌が報じたように、別れたあとも2人は同じマンション内に暮らしており、フジモンは子供の送迎や食料品の買い出しなどでユッキーナをサポートしているという。当時の取材に対して、フジモンは復縁については否定しつつも、ユッキーナとの関係をこう語っていた。

――お子さん、かわいいですか?

「すごく! もう、たまらんくらいかわいいですね。離婚しても子どもと会えているから、寂しさはないというか」

――優樹菜さんともすぐ会えるから、安心感はありますよね。

「(ユッキーナも)僕に子どもを預けたりできますから。やっぱりね、パパなので一番信用できるというか、そこで(ユッキーナと)繋がっていると思います」

実際に本誌記者は何度となく通学時間帯に車で出入りするフジモンの姿を目撃した。はたして新しい恋人ができたユッキーナとの関係は、どうなっているのだろうか。元妻の熱愛が報じられた当日の朝、フジモンに話を聞こうと自宅を訪れると、やはり通学時間帯に車で出てくる姿を目撃した。後部座席には次女と思われる女の子が一人乗っている。

――すみません。お話をお伺いできないでしょうか。

「子供いてるんで。やめてもらっていいですか」

そう言い残すと走り去っていった。

離婚後も、子供の送迎などユッキーナを献身的に支え続けるフジモン。独りで今、何を思うのだろうか。

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事