フォトギャラリー3枚目 「パラリンピックは技術の戦いでもある」義足製作第一人者の思い | FRIDAYデジタル

臼井さんにとってパラリンピアン第一号となった走り高跳びの鈴木徹選手。走り高跳びにはどのような板の向き、長さなどがいいかわからず、鈴木選手と一緒にグラウンドに通っていたとか(写真:2019 関東パラ陸上選手権 男子 走高跳 T64/アフロ)

share icon写真をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
FRIDAY DIGITAL
記事TOPへ

「パラリンピックは技術の戦いでもある」義足製作第一人者の思い

3/6