秋元康原作ドラマ『共演NG』英語版リメイクが決定! | FRIDAYデジタル

秋元康原作ドラマ『共演NG』英語版リメイクが決定!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

作詞家・秋元康氏が企画・原作を務めたドラマ『共演NG』(テレビ東京にて2020年10月〜12月放送)が、英語版にてリメイクされることが決定した。

リメイクはウィル・スミス率いる米メディア会社・ウェストブルックススタジオと、秋元氏の知的財産の一部を所有するAkimoto Project LLCの提携事業の一部として行われる。

『共演NG』は、破局以来20年にわたり共演NGとなっている、芸能界の”元”ビックカップルをめぐる人間関係を描いたコメディ作品(中井貴一、鈴木京香主演)。

ウェストブルックススタジオの共同代表・テレンス・カーター氏は同番組のリメイクについて、

「アジアのテレビフォーマットの市場に進出する上でパーフェクトな作品だと思う。演技派俳優たちが描くコメディと心温まるロマンスが感じられる」

と、絶賛。

秋元氏も、

「リメイクするにあたり、どんな二人が、どんな理由で”共演することがNGになったのか?”、日本よりも、出演契約に厳しいアメリカのエージェントは、どんな条件を提示するのか?そして、出演契約を結んでしまった”共演NG”の二人は、どう感情を抑えながら本番を乗り切ろうとするのか?新たなアイデアが次々に、思い浮かんで来ます」

とコメントを寄せる。単なるリメイクにとどまらない、大幅なスケールアップの可能性を匂わせた。

気になる主演俳優は未定。秋元氏もエグゼクティブプロデューサーとして参加し、ハイレベルなキャスティングを現在考案中だという。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事