木下優樹菜 元夫・藤本敏史から「慰謝料もらう立場」と暴露のワケ | FRIDAYデジタル

木下優樹菜 元夫・藤本敏史から「慰謝料もらう立場」と暴露のワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
約2年半ぶりに公の場に立った木下優樹菜。あくまで”一般人”として、写真集を発売するというが…

《離婚する際に本来私は慰謝料をもらう立場でしたが、そういったものは私は、もらわないと決め…》(一部抜粋)

木下優樹菜が3月17日夜、インスタグラムのストーリーズに投稿した内容はどこか心の奥に怒りがこみあげているかのように感じ取れた。

その発端は元夫でお笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史が3月13日に関西ローカルのバラエティー番組『もんくもん』(読売テレビ)での発言だ。

「フジモンは向こう(元妻側)にちょこっと払ってんの?」

と聞かれると

「学費は僕が全部…」

と2人の娘の学費を藤本が払っていることを明かしていた。

「これがネットニュースになり、いかにも藤本さんが経済的に支えているかのように報じられたんです。しかし木下さんはこれに我慢ならなかったのか、インスタで反論したようですね」(ワイドショー関係者)

木下は17日のインスタグラムのストーリーズにこう思いを綴った。

《今元旦那さんの発言により一人歩きしている学費だったりの件については 離婚する際に本来私は慰謝料をもらう立場でしたがそういったものは私は、もらわないと決め、彼自身、2人の父親として“学費”だけは払う という事になったので 彼の発言が様々に憶測を呼び起こし 色々な報道のされ方をしてますが 生活費などは一切もらっておりません。訂正させて頂く事を元旦那さんと話した結果書かせていただきます》(原文ママ)

ここで気になるのは生活費の話より、《私は慰謝料をもらう立場でしたが》というくだりだ。離婚する際には当然双方の弁護士を立てていると思われるが、その上で木下が慰謝料をもらう立場だったということは、“藤本に非があった”と主張しているのと同じである。

「木下さんは写真集も発売し、プライベートではサッカーの三幸秀稔選手とラブラブで順風満帆。しかも、藤本は子育てに積極的に参加しており、別れたとはいえ、険悪な仲ではなかったはずです。

それなのになぜ今ここにきて藤本に迷惑がかかるような“爆弾発言”をして波風を立てたのか。それはやはりあの“学費は全部僕が払っている”という発言に腹が立っていたのでしょうか…」(前出・ワイドショー関係者)

17日の写真集発売会見では「元夫の藤本に報告したか?」という記者の質問に

「していません。メディアを通じて見るのでは?」

とそっけなく回答した木下。この会見が終わった夜に上記の“暴露”をインスタでぶちまけたのだ。

「離婚の際、木下さんと藤本さん、お互いの事務所関係者で話し合いの場が設けられました。その内容は記者らが問い合わせても教えてくれなかったし、全く表には出てこなかった。おそらくお互い口外禁止という約束にした可能性が高い。

そうだとしたら木下さんが“慰謝料”の件を今になって暴露したのはちょっと大人げない気がしますね。そこまで公表することを藤本さんは本当に了承したのでしょうか? もし、怒りにまかせて一方的に暴露したのなら、この件は大ごとになるかもしれませんね…」(スポーツ紙記者)

あれほど世間を騒がせた木下が“慰謝料をもらう立場だった”としたのなら、一体何があったのか気になるところだが…。

  • PHOTO西 圭介

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事