広末涼子&豊川悦司 レトロワンピで商店街「手つなぎ」撮影現場 | FRIDAYデジタル

広末涼子&豊川悦司 レトロワンピで商店街「手つなぎ」撮影現場

ニュースの現場 FRIDAY 目撃! ハリコミ24〈我孫子 12時5分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
悲しげな顔をしながら、しっかり手をつないで商店街を歩く広末とトヨエツ。熟年夫婦役もよく似合う

自身初となるエッセー本を出版し、アイドル時代のことなどを赤裸々に綴(つづ)った内容が話題を呼んでいる広末涼子(41)。5月のある日、彼女の姿は千葉・我孫子市内にあった。

いかにも昭和風なレトロワンピース&コート姿の広末の隣には、これまた厚手のコートを羽織り、ボストンバッグを手にした豊川悦司(60)が。シャッターが閉まった店が並ぶ商店街を手をつないで歩く二人。二人とも何やら悲しそうな表情を浮かべている。

「この日は、映画『あちらにいる鬼』の撮影でした。井上荒野氏による同名小説が原作で、父である井上光晴氏と母、そして瀬戸内寂聴さんの三角関係を描いた作品。光晴氏をモデルにした作家をトヨエツ、その妻を広末、寂聴さんをモデルにした女性作家を寺島しのぶ(49)が演じています」(映画関係者)

歩いているだけで特別な空気感を醸(かも)し出す二人。トヨエツ、広末、寺島が紡ぎ出す愛の物語を、スクリーンで堪能したい。

本誌未掲載カット 広末涼子&豊川悦司 我孫子市で映画の撮影中の広末と豊川を発見
本誌未掲載カット 広末涼子&豊川悦司 我孫子市で映画の撮影中の広末と豊川を発見

『FRIDAY』2022年6月24日・7月1日号より

  • 撮影近藤裕介

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事