キャバクラ通いで三段目降格 元大関・朝乃山「驚きの謹慎生活」 | FRIDAYデジタル

キャバクラ通いで三段目降格 元大関・朝乃山「驚きの謹慎生活」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
7月11日、418日ぶりに本場所の土俵に戻ってきた朝乃山(画像:共同通信社)

観客もまばらな会場で、土俵に上がったのは午後0時半過ぎだ。締めているのは、幕下以下がつける地味な黒いまわし。だが強さは圧倒的だった。相手力士を得意の右よつでねじ込むと、わずか3秒ほどで寄り切る――。

7月11日、元大関・朝乃山(28)が418日ぶりの本場所の土俵を白星で飾った。取組後は、報道陣へ神妙な表情でこう語っている。

「許されたわけではないですけど、土俵の上で戦っていく姿を見てもらいたいです。応援、信頼を取り戻していきたい」

朝乃山のスキャンダルが発覚したのは21年5月だ。『週刊文春』が朝乃山のキャバクラ通いを報道。新型コロナウイルスが感染拡大し、相撲協会が外食を禁じていた中でのコンプライアンス違反だった。

「東京・神楽坂のキャバクラに、朝乃山が気に入っている女の子がいたんです。多い時は、週3回通っていたと思います。朝乃山の本名は石橋広暉なので、『バッシー』と呼ばれていたとか。

報道後、相撲協会の心証を悪くしたのが朝乃山の対応でした。芝田山・広報部長や尾車・コンプライアンス部長らが『こういう記事が出るけど大丈夫か?』と問いただすと、『事実無根です』と頑なに否定。辻褄が合わない部分が多いので再度聴取すると、『すいません』とキャバクラ通いを認めたんです」(相撲協会関係者)

若手に交じり稽古場を掃除

19年5月場所で優勝し当時の米国トランプ大統領から賜杯を授与された朝乃山(画像:アフロ)

相撲協会は事態を重くみて6場所の出場停止と6ヵ月の報酬減額50%の処分をくだし、朝乃山の謹慎生活が始まる。処分から1年超……。三段目まで降格した朝乃山が、再び土俵に戻ってきた。

「元大関だからといって、特別扱いはありません。幕下以下は関取ではなく、力士養成員という立場です。同然付け人はつかず、身の回りのことは1人でしなければならない。

朝乃山は稽古場をほうきで掃除し風呂場を洗うなど、若手に交じり雑用をこなしています。食事の際は、配膳もしているとか。治療など特別な場合を除いて、近所のコンビニにも行けなかったと聞いています。大関時代は月に250万円あった給与も、現在はゼロです」(同前)

朝乃山に、さらなるショックが襲う。昨年6月に祖父が、続いて8月に父親が亡くなったのだ。一時は気力が衰え、引退も頭をよぎったという。

「支えてくれたのは恩師たちです。師匠の高砂親方(元関脇・朝赤龍)は『親御さんのためにももう一回がんばれ』と激励。高校(富山商)時代のコーチ中村淳一郎さんは、こう言って励ましたそうです。『絶対辞めるなよ。辞めたら応援してくれた周りの人に背を向けることになる』と」(スポーツ紙担当記者)

朝乃山は、四股名の下の名前を高校の監督で故・裏山英樹監督にちなんでつけた「英樹」から本名の「広暉」に変更。その理由を「不祥事を起こし先生の名前を名乗れない」と語っている。再起の白星後、朝乃山は報道陣へこうも話している。

「お客さんたちに1年間待ってもらいました。もう一度相撲を取らせていただけることが、すごく嬉しい」

己の甘さから地獄を見た朝乃山。屈辱をバネに再び大関を目指す。

19年10月、赤い羽根共同募金のイベントで隠岐の海(左)と(画像:アフロ)
  • 写真共同通信社 アフロ

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事