南野陽子「実はビートたけしさんより先に講談社に乗り込んでます」 | FRIDAYデジタル

南野陽子「実はビートたけしさんより先に講談社に乗り込んでます」

'80年代に一世を風靡したアイドル四天王の告白 自宅にCD500枚!「映画サントラ」の救い 学校帰りにグラビア担当を「襲撃」 8曲続けてオリコン1位! ナンノの「名曲工房」 父の死と「フルオーケストラ」コンサート

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ニューシングル『空を見上げて』はナンノの作詞。作曲はアイドル時代からタッグを組んでいた萩田光雄氏が担当

6月23日発売の南野陽子(55)のニューシングル『空を見上げて/大切な人』が、たちまちソールドアウト! ってこれ、昭和ではなく、令和のニュースである。

「昨年末、デビュー35周年のイベントでライブをさせてもらったら、すっごく楽しくて、嬉しくて! そのときに『ライブをやるならアルバムを作ろう』という話になって、16年ぶりに新曲を2曲作ったんです。それが今回、シングルカットされたというわけです。6月23日は私の誕生日なんですけど、『恥ずかしすぎて』で私が歌手デビューしたのも、18歳のバースデー。同じ日に表紙を飾らせていただいた『少年マガジン』と『ヤングマガジン』も発売されました。

私にとって節目の日なんです。マガジンといえば私、編集部に抗議しに行ったことがあります。実はビートたけしさん(75)より先に、講談社(おたく)に乗り込んでいるんですよ(笑)」

浅香唯(52)、工藤静香(52)、中山美穂(52)と「アイドル四天王」の一角を担ったナンノには名曲が多く、映画『スケバン刑事』の主題歌『楽園のDoor』、『話しかけたかった』『吐息でネット。』など、シングルが8作連続でオリコンチャート1位を獲得している。放送作家の木﨑徹氏は、「セルフプロデュースするアイドルのはしりが南野陽子」だったと言う。ナンノが振り返る。

「セルフプロデュースなんて思っていませんでしたが、こうしたい!! というアイディアやイメージが浮かんでくるので、スタッフさんには伝えていました。『こういう曲がやりたい』ってディレクターさん、作家さん、アレンジャーさんたちにお願いして、たくさんの曲の中からアルバムとシングルの曲を選んでいました。色々と実験もできた。いま思えば、すごく楽しい、とっておきの時間でした」

それでも、歌手活動再開に際しては、「皆さんご存じだと思うんですけど、歌は苦手なので(笑)」と躊躇(ちゅうちょ)したが、「音楽が大好き」という気持ちが上回った。

「父がクラシックと映画音楽好き、母がフォークソング好きで、常に音楽が傍にある環境で育ちました。人生で一番聞いたのが映画『愛情物語』のサントラ、カーメン・キャバレロの『トゥ・ラヴ・アゲイン』です。うちの車に8トラックのカーステレオが付いていて、いつもこの曲がかかっていた。8トラのカセットって3〜4曲しか入らないから、同じ曲を何度も聞かされるわけです。家族でハイキングに出かけたり、ワクワクするときに必ずこの曲がかかっていた。だから、好印象で刷り込まれているんです。デビューしてからも毎日、聞いていました。実はいまでも、お仕事前に気持ちを盛り上げたいときや、逆にクールダウンしたいときに聞いています」

ナンノの自宅には映画のサントラのCDが500枚近くあるという。小学校時代は母の影響でさだまさし(70)や吉田拓郎(76)、『赤い鳥』にハマッた。

「歌詞をルーズリーフに書いて友達にプレゼントしたりしていました。何の返答もありませんでしたけど(笑)。中学に上がるとスティービー・ワンダー(72)や『デュラン・デュラン』など、キラキラした洋楽の時代がやってきた。授業中以外、友達といるときも、電車で帰るときも、ずっと音楽を聞いていました」

音楽にドップリ浸かって生きてきたナンノが、18歳で歌い手側に回ったのは先述の通り。歌手転身が想定外なら、「アイドルの世界も予想外だった」という。

「事務所、レコード会社、テレビ局とか、ものすごい数の人がデビューに関わっていると思っていたんですが、そうでもなかった。『少年マガジン』の表紙で着ているのは私服ですから(笑)。髪の毛も、自分でハーフアップやポニーテールにしていたのを『それでいいんじゃない?』って。

あるとき、撮影でメイクをしてもらったんですけど、すごく違和感があったんです。だから私、トイレットペーパーでとっちゃった。それでも2ページの記事になったんですけど、見てみたら全然、写真が良くなくてガッカリしたんです。リベンジしたくて、学校帰りに制服のまま講談社に乗り込んで、グラビアの担当者さんに『この前、写真を撮ってもらった南野陽子ですけど、これ、私じゃありません』と訴えたら、『君、おもしろいね。もう一回撮ろう』ってなって、46ページの記事になっちゃった」

そこから、怒濤の日々が始まった。自宅に帰る時間がないので布団を仕事場に持ち込み、ドラマの撮影が少しでも早く終われば、スタジオに連絡してレコーディングに励んだ。

「本当に時間がなくて、振り付けは移動の車の中で考えていました。新曲を出すと、まずは夜ヒット(『夜のヒットスタジオ』フジテレビ系)でお披露目するんですけど、後部座席の左側に座って左手にマイクを持って付け焼き刃で考えるから、夜ヒットで歌うときは右手の振りだけ。いろんな歌番組に出ているうちに、どんどん振り付けができていく感じ(笑)」

デビューから37年目を数えたこの夏、アイドル時代の苦悩が蘇った。人生初となるフルオーケストラでのコンサートが決まったのだ。

「願ってもない、夢のまた夢のお話だったので、考える前に『はい!』とお話を受けました。それから『声、出るのかな』『どうしたら喜んでいただけるかな』って毎日、眠れぬ日々です。猛暑もあって、寝つきが悪いせい?(笑)。でも、歌は苦手ですが、大好きな音楽だから、苦手なりに想いは伝えたいと思って」

コンサート開催を決断した背景には、大切な人への感謝の想いもあった。

「コンサートが決まったとき、父はまだ元気でした。高齢者介護施設にいて、コロナ禍でここ2年ほどはガラス越しに携帯電話で話すだけでしたが、そんな父に大好きなクラシックコンサートを聞かせてあげたかった……。父は残念ながら5月末に亡くなりましたが、先に旅立った音楽好きの母と、天国でコンサートを楽しみにしてくれていると思います」

アイドル時代のキラキラしたあの曲や、世界の名曲など「盛りだくさんで、一日ほしいぐらい」と言うほど気持ちがこもった〝ナンノフェス〟は、東京オペラシティ(8月15日)とロームシアター京都(8月28日)で開催される。

「コロナ禍で皆さん大変ガマンした時間を過ごされていたので、気持ちを明るく整えに来てほしい。みんな、待ってる!」

デビュー前、都内のラジオ局の前でファンに撮ってもらった一枚。着ているのは当時通っていた堀越高校の制服
『スケバン刑事Ⅱ』撮影中の一コマ。休憩中に差し入れのアイスを食べてご満悦だが、口元に血のりが……(笑)
自分の曲はいまも聞いている。「アルバムもシングルも同じ熱量で向き合っているので、どの曲が好きとかはないんですけど、強いて言えばマイナー調の曲が好きかな」
31歳のナンノ。音楽がいつも傍にある。デビューした’85年からほぼ毎日、写真を撮っているという
ドラマ『熱っぽいの!』(’88年)のワンシーン。「私が病院のお世話になることの方が多かった(笑)」
本誌未掲載カット 南野陽子インタビュー「実はビートたけしさんより先に講談社に乗り込んでます(笑)」
本誌未掲載カット 南野陽子インタビュー「実はビートたけしさんより先に講談社に乗り込んでます(笑)」
本誌未掲載カット 南野陽子インタビュー「実はビートたけしさんより先に講談社に乗り込んでます(笑)」
本誌未掲載カット 南野陽子インタビュー「実はビートたけしさんより先に講談社に乗り込んでます(笑)」

『FRIDAY』2022年7月29日・8月5日号より

  • 撮影村上庄吾

Photo Gallery10

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事