高畑充希、常盤貴子、小芝風花ほか 人気ドラマを牽引する美女たち

2019冬ドラマ ロケ現場を実況中継! 「メゾン・ド・ポリス」「グッドワイフ」「トクサツガガガ」「さすらい温泉」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
野口五郎に角野卓造、近藤正臣、小日向文世と高畑充希をサポートする脇役のおじさまたち(&西島秀俊)が豪華で強力

冬ドラマの視聴率ランキングで快走を見せているのが、高畑充希(27)主演の『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)だ。

「無難に面白い。高畑が第一線をリタイアしたおじさまたち(&西島秀俊)のサポートで殺人事件を解決するという、若い女性の視聴者は『あんなおじさまたちがいたら素敵』、おっさんの視聴者は『俺たちって頼りになるだろ?』と、どちらも気持ちよくなれる作りになっているところがミソです」(ライター・大山くまお氏)

ドラマウォッチャーの北川昌弘氏は「中高年男性と若手女優のカップリングがヒット作を生む」と分析する。

「最近のドラマでは『東京センチメンタル』(テレビ東京系)が理想形だと思っています。和菓子屋の店主・吉田鋼太郎とアルバイトの高畑充希の掛け合いが楽しい。高畑は朝の連続テレビ小説でも主演をしており、老若男女問わず知名度があり、なかでも中高年との相性が抜群です」

だが、すっかり実力派女優の仲間入りを果たした常盤貴子(46)も、やすやすと後進に道を譲る気はない。12月の寒空の下、神奈川県の高級住宅地で『グッドワイフ』(TBS系)のロケに臨んだ彼女は子役をしっかと抱きしめ、鬼気迫る表情を浮かべていた。

出産を機に引退した元弁護士の常盤が、夫で東京地検特捜部長の唐沢寿明(55)が逮捕されたのを受けて復帰する――というシリアスなストーリーだが、「常盤ら弁護士チームはロケ現場で和気藹々(あいあい)としている」(制作会社スタッフ)という。

「検察チームはピリッとしたシーンが多くて緊張感がありましたが、唐沢がオヤジギャグを連発して和(なご)ませていました。意外だったのは常盤や唐沢より、小泉孝太郎のスケジュールを押さえるのが大変なこと。育ちの良さなのか、孝太郎はどれだけ忙しくても文句ひとつ言わず、愛想がいい。差し入れなどの気配りも欠かさないので『また一緒に仕事をしたい』とオファーが殺到。多忙で、かけもち撮影が当たり前なんですよ」

関係者が推す意欲作も紹介しよう。

『トクサツガガガ』(NHK)は、ツイッターのタイムラインがハネるほど特撮好きに刺さっており、2月3日に急遽(きゅうきょ)、1〜3話が再放送された。一話完結で、途中からでも入りやすい。

「特撮オタクのOL(小芝風花)を主人公にしたコメディですが、特撮ヒーローものの再現具合の本気っぷりが素晴らしく、仮面ライダーや戦隊ものに夢中になったことのある人ならニヤニヤしつつ主人公に感情移入できるでしょう」(大山氏)

『さすらい温泉』(テレビ東京系)の見どころは”湯けむり美女”。キー局プロデューサーが「遠藤憲一扮する”凄腕男仲居” と総勢12名のセクシー女優の入浴シーンは必見」と激オシする。

「実際、伊香保温泉で行われたロケでは、美魔女としてグラビアでブレイクした岩本和子の”前貼り”が湯の中で剥(は)がれてお尻が丸見えになるハプニングが発生しています(笑)」

人気ドラマは舞台裏もまた、盛り上がっているのである。

『グッドワイフ』で迫真の演技を見せる常盤貴子。海外ドラマのリメイクだが、「キャラや人間関係は生かしつつ、日本版にアレンジできている」(吉井氏)

  • 撮影岡田浩太郎、西圭介、西原秀、堀田咲、山田宏次郎

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事