フリーアナウンサー・神田愛花「友人との関係に悩んでいます」 | FRIDAYデジタル
連載記事

フリーアナウンサー・神田愛花「友人との関係に悩んでいます」

【連載第20回】わたしとピンクと、時々NY

  • Facebook シェアボタン
  • X(旧Twitter) シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
神田さんが描いたイラスト

大学時代に一番仲が良く、心底親友だと思っていた女の子のお友達。二人で行った卒業旅行で、あることが起きてから20年以上経つが、どうしてもまだ心の整理がつかないでいる。

入学して半年以上、私は一人ぼっちで過ごしていた。人見知りだから自分から声を掛けられない上に、高飛車な人間を装っていたので、周りも話しかけづらい。誰とも話さず卒業する覚悟をしていた。

そんな私を仲良しグループに入れてくれた子がいた。それが彼女だ。とても明るくノリが良い。興味や面白いと感じるポイントも同じだった。以来、毎日のように二人で授業を抜け出しては表参道へ。「高くて買えない!」と叫びながら最新ファッションに憧れたり、「どんな大人になりたい?」と歩道の柵に座りながら語り合ったりした。何をするにも常に二人だった。彼女がいたからアクティブで笑顔に溢れた大学生活になった。

4年生の時、卒業旅行には2回行った。1回目は、グループみんなでロンドンへ。2回目は、彼女と二人でプーケットへ。

事件はプーケットで起きた。大学生にしては贅沢なリゾートホテルに泊まり、ショッピングモールにも行くことになった。そこまでの交通手段を調べておらず「一緒に調べてよ」と言ったら、「えー!? 嫌だよ! そういうのは神(かん)ちゃん(私のこと)がやることじゃん。じゃなきゃ神ちゃんと一緒に来た意味ないじゃん!」と言ったのだ。(……え? 意味?)面食らった。時々このくらいの冗談は言う子だけれど、常に笑顔だった。

だが、眉間にシワを寄せて声のトーンも低い……。本気でイラついていたのだ。動揺しながら行き方を調べたが、移動中も彼女はずっと不機嫌で、ほとんど言葉を交わさないまま到着。気を取り直して記念にワンピースを買おうとした時、ホテルにお財布を忘れてきたことに気がついた。すると彼女は「は? 何のためにここまで来たの? 買えないなら時間の無駄じゃん!」と強く言い放った。「ごめん……でも仕方ないじゃん……こんなこともあるじゃん!」と言い返すのが精一杯だった。

思い起こすと、グアムやバリ島に行った時も彼女がしたいことを聞き、私が全部調べた。旅行好きな私にとっては楽しい作業だったから、それが私の”役割”だと思ったことは一度もなかった。

しかしこの時はNHK入局前で忙しく、下調べをしていなかった。彼女は私のことを、気の合うコーディネーターくらいに思っていたのだろうか? 純粋に、すごく仲良しだから一緒に旅行していると思っていたのは私だけなのだろうか。

時間も解決してくれないモヤモヤ

社会人になり頻繁に会わなくなってから、プーケットでの出来事はより深く私の心に刻まれた。笑い合った時間はニセモノだったのかな。一生の親友ができたと思ったのは自分だけだったのかな。彼女を信じ過ぎていたのかな。あの4年間は何だったのかな……。どんどん湧き出てくる彼女への疑問。と同時に、いつかもう一度笑い合って、彼女も私を親友だと思っているんだと思い直したい。そういう気持ちも強くなり、いいキッカケが訪れないか待つようになっていた。

それから数年後、「結婚することになった。ハワイで挙式するかも!」と、彼女から連絡が来た。嬉しかった。彼氏がいるとは聞いていたけれど、そこまで話が進んでいたなんて、おめでたい! 興奮して「日取りが決まったら教えてね! 自費で行くぞー!」と返信した。だが、彼女は私の知らぬ間に挙式した。地元の高校の友人だけに声を掛け、大学の友人には誰にも知らせなかったそうだ。私は彼女の親友リストに確実に入っていないということを、ようやく受け入れた。

大学を卒業して20年。嬉しいことにまたみんなで集まる機会が増えてきた。仲良し11人のLINEグループは頻繁に稼働し、彼女もそこに入っている。「参加する!」「その日は無理だー。また!」と反応も良い。だがそれを見て(どういう気持ちでこんなに明るく反応してるんだか……)と思ってしまう。私の中では、プーケット事件とハワイ挙式事件が未解決のまま。ちゃんと真相を聞くまでは顔を合わせたくない。きっと彼女は「そんな昔のこと、もう覚えてないよー!」と周りを巻き込むような大きな笑顔で言うに違いない。でももう私は立派な大人になった。巻き込まれないくらい自分の足でしっかり地面に立てるほどに、彼女への不信感は根深い。

大好きだったからこそ、時間でさえ解決してくれないこの悩み。私はしつこくて、ジメジメした、嫌な奴なのだろうか。

©下村一喜

1980年、神奈川県出身。学習院大学理学部数学科を卒業後、2003年、NHKにアナウンサーとして入局。2012年にNHKを退職し、フリーアナウンサーに。以降、バラエティ番組を中心に活躍し、現在、昼の帯番組『ぽかぽか』(フジテレビ系)にメインMCとしてレギュラー出演中

『FRIDAY』2023年8月11日号より

  • 文・イラスト神田愛花

Photo Gallery20

FRIDAYの最新情報をGET!

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事