井川遥 『エランドール賞』授賞式で朝ドラファミリー同窓会

目撃!ハリコミ24 <新宿 20時35分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
プレゼンターの大役を終え、会場のホテルを後にする井川遥。女優としてはもちろん、最近はアパレルブランドのディレクターとしても活躍中

2月上旬の夜8時半過ぎ。新宿のホテルの地下駐車場に全身ブラックのメガネ美女が現れた。井川遥(42)だ。

この日開催されていた『2019年エランドール賞』授賞式のプレゼンターを務めていた井川。NHK朝ドラ『半分、青い。』で見せたピンクハウスのフリフリ衣装の秘書役が記憶に新しい。

「今回の授賞式は『半分、青い。』の関係者だらけ。出演していた永野芽郁(19)や中村倫也(32)、志尊淳(23)は受賞者として、佐藤健(29)はプレゼンターとして登壇。さらに、脚本を担当した北川悦吏子氏も楽屋に訪れるなど、プチ同窓会状態だったとか」(芸能プロ関係者)

2児の母とは思えないほど抜群のスタイルで、ヒールをカツカツ鳴らしながら送迎車に乗り込んだ井川。フリフリ秘書に続き、また一風変わった役柄を演じて、新たな魅力を開花させてほしい。

本誌未掲載カット 『2019年エランドール賞』授賞式のプレゼンターを務めた井川遥 大役を終え、抜群のスタイルで会場のホテルを後にする
  • 撮影田中俊勝

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事