フォトギャラリー4枚目 岸、菊池、浅村……毎年主力が抜けても西武が連覇できた理由 | FRIDAYデジタル

中村剛也自身が「野球人生最大」と称する打撃フォーム改造で豪打が復活。4番に戻り、120打点超えも果たした

share icon写真をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
FRIDAY DIGITAL
記事TOPへ

岸、菊池、浅村……毎年主力が抜けても西武が連覇できた理由

4/5