ジャニーズのネット展開成功のウラに敏腕元テレビマンの影あり

連載 スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」Inside story of Television

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
11月3日、『嵐』はツイッターなど5つのSNSを始めることと、同日に発売されたデジタルシングルを含む65楽曲を定額配信することを発表

人気グループ『嵐』が10月に公式YouTubeを開設。ミュージックビデオだけでなく、アジア4都市を弾丸で訪問するプロジェクト『JET STORM 』の密着動画など、ハイクオリティ動画を公開して話題になった。

「ジャニーズ事務所は肖像権の管理に厳しく、所属タレントが出演しているドラマの公式ホームページですら写真の掲載はNGでした。ところが昨年、ようやく解禁に踏み切るや、『粗悪なものは提供できない』とばかり、猛烈に力を注いでいる。ツイッターのフォロワー数が219万人、インスタグラムが330万人でしょう。脅威でしかない」(キー局ディレクター)

そんなジャニーズのデジタル戦略を推進しているのは、元テレビマンだという。

「『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を担当していたプロデューサーで、業界では〝ミスターMステ〟と呼ばれていた辣腕(らつわん)プロデューサーですよ。トラブルに巻き込まれてテレ朝を退社した後、ジャニーズ系のレコード会社『ジェイ・ストーム』に拾われて、ディレクターとして密着動画などの制作に携わっているそうです」(芸能プロ幹部)

いわくつきだろうが、腕がいいなら採用する。ジャニーズ事務所は実力主義らしく、「スカウトしたのは、藤島ジュリー景子新社長と聞いている」と民放幹部は言うのである。

「件(くだん)の〝ミスターMステ〟は音楽と映像の世界に精通しており、映画監督を務めたこともあるんだそうです。独自で映像やミュージックビデオを流すべく、デジタル部門を強化しているジャニーズにとってはうってつけの存在です。『Mステ』は長くジャニーズ事務所と友好関係にあるから、『嵐』のメンバーとも気心が知れています」

一方、古巣のジャニーズ事務所に先駆け、ネット展開に力を入れているのが、香取慎吾(42)、草彅剛(45)、稲垣吾郎(46)ら〝退所組〟3人で結成した『新しい地図』。こちらも元テレビ局の有能スタッフが運営に関わっているという。

「AbemaTVの『72時間ホンネテレビ』など、『新しい地図』の仕事のほとんどを請け負っているのが制作会社『SHOWBEEZ』代表の笹川正平氏。彼は元フジテレビ社員で、『SMAP×SMAP』などのプロデューサーを務めていました。『日本財団』創設者の笹川良一氏の孫で、その縁で『新しい地図』の3人が公益財団法人『日本財団パラリンピックサポートセンター』のスペシャルサポーターに就任したそうです」(広告代理店関係者)

笹川氏のほか、元フジの広報部社員もスタッフとして『新しい地図』を支えているという。テレビ誌記者が話す。

「その広報マンは香取たちと一緒にジャニーズから独立した元『SMAP』の女性マネージャーのお気に入り。剛腕で知られる彼女と局の間に入り、いいクッション役となっていました。フジ退社直後は『新しい地図』との関係を公言しなかったのですが、最近は3人が主演する映画のエンドロールに名前が入るようになりました。稲垣吾郎主演の映画『半世界』の舞台挨拶では司会を担当していました」

参入早々、大成功を収めているジャニーズタレントたちのネット展開。縁の下で支えていたのは、有能テレビマンたちだったのである。

『FRIDAY』2019年12月27日号より

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事