ウィンブルドン惜敗からわずか2日 錦織圭が噂の恋人と渋谷デート

古びた鶏料理屋から なぜかATMをはしご

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

第3セットを取り損ねたのが響き、1-3でジョコビッチに力負け。崩すには「我慢が必要」だと述べた

「これにしよっか?」「うん♡」

渋谷駅からほど近い、古びた鶏料理屋のカウンターで若いカップルがメニューを見ながら語らっていた。真っ黒に日焼けした彼の顔がチラリと見えたとたん、居合わせた男性客は「思わず箸を落としそうになった」と言う。

「錦織圭(28)だったんですよ! 年収38億円のトップアスリートがこんな路地裏の店にいるってのも驚きですけど、なにより『昨日、ウィンブルドンでジョコビッチと戦ってなかったっけ!?』って」

全英オープンの準々決勝で錦織とジョコビッチが激突したのは7月11日。この男性客が錦織と遭遇したのは7月13日の夜7時前だから、正確には対戦の2日後なのだが――驚きはもうひとつあった。

「錦織が連れてきていた小顔の美女が、噂の恋人だったんですよ。錦織のカネで豪遊してるだの、高級車を乗り回してるだの、錦織の両親に嫌われているだの散々、叩かれた挙げ句、別れたって話まで出ていたけど……実際は全然違ってた。シメの雑炊を二人で分け合ったりしてさ、付き合いたてのカップルみたいに♡♡でしたよ」(前出・男性客)

8時過ぎ、会計を済ますと錦織は黒いキャップとマスクを装着。小顔の美女こと、恋人の観月あこ(26)と店を出た。

さすがに人目を気にしているのだろうが、大通りに出るべく、路地裏を歩く二人はテーブルトークが物足りなかったのか、極めてハイテンション。

「きゃははは! ひどーい♡」

という観月の笑い声があたりに響きわたるのだった。普段はクールな錦織が、なんだかとっても楽しそうだ。

週末の晩だけあって通りは酔客でゴッタ返していたが、松岡修造氏以来、23年ぶりに全英オープンベスト8進出を果たしたトッププレイヤーがすぐそばにいることに誰も気付かない。今回の健闘で世界ランク20位に浮上した錦織はその後、なぜかATMを2件ハシゴしてから、大通りで待たせていた送迎車に乗り込み、恋人と夜の街へ消えたのだった。

「今年で交際3年目。プロの壁にブチ当たった時期とかぶったために恋人が”さげまん”呼ばわりされ、情けないやら、ツラいやら、大変な思いをしたはず。錦織は今回の快挙で復活の手ごたえを得たと口にしています。課題だったメンタルの弱さを克服できれば、頂点を目指すことは十分に可能です」(専門誌記者)

結果を出せば、すべての批判を吹き飛ばすことができるのだ。

夕食を終えた二人は、送迎車の運転手に挨拶した後(1)、しばらく渋谷の街をウロウロしていた(2〜4)

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

撮影:佐藤裕之(1枚目) 写真:CameraSport/Getty Images

 

Photo Gallary8

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事