キム・カーダシアン ピタピタ過激ファッションでパリ降臨!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

リアリティタレントでありながら、“KIMONO”騒動を経て「SKIM」の名で売り出したアンダーウエアブランドやコスメブランド「KKWビューティー」を大ヒットさせるなど、ビジネスの才にも優れたキム・カーダシアンが、パリでパンチの効いたファッションを披露している。

新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、日本では3月16日~21日に予定されていた「東京コレクション」が中止になってしまったが、パリでは「ファッションウィーク(パリコレ)」が華々しく開催された(2月24日~3月3日)。

インフルエンサーでもあるキムも、夫のカニエ・ウェストや長女のノース・ウェストちゃん、さらには姉コートニー・カーダシアンとその娘ペネロペ・ディシックちゃんらとともにパリに滞在。

ファッションウィーク期間中は、世界中のおしゃれなセレブたちがフロントローに現れるということで、ショーそのものだけでなく、ゲストのファッションスナップもさかんに撮られている。

そんな中で、ひときわ目立っているのがキムなのだ。

1日に何度もお着替え。滞在中のホテルからショー会場に移動しようとするキム・カーダシアン。写真:Backgrid/アフロ

パリに到着して以来、キムは「バルマン」の2020AWコレクションから、ラテックス製のキャットスーツを着用

指までラテックスで覆われるなど、肌を一切露出していないにもかかわらず、主に脚部のシルエットがばっちりわかる過激なスタイルだ。

これまでにキムが着用したカラーバリエーションは、スモーキーなピンクベージュ、キャラメルのようなブラウン、チョコレートのようなブラウンと、どれもスキンカラーベース。

フィット感もあいまって、なおさら艶めかしい印象を与えている。

このインパクト抜群のコーディネイトは、美しいボディラインがなければ成立しない。

今回のパリのファッションウィークに備え、キムは2月の中旬にパーソナルトレーナーをともなってハイキングコースでウォーキングを行うなど、トレーニングに勤しんできた

その成果はご覧の通りだ。

姉のコートニー・カーダシアン(左)とともに、夫カニエ・ウェストが主宰する聖歌イベントへ向かうキム・カーダシアン。コートニーもキムと同じ「バルマン」のラテックススーツを着用。写真:Backgrid/アフロ

彼女のトレードマークでもある大きなヒップはキュッと上を向き、ももは美しいカーブを描きつつ、ひざ下は驚くほどシャープに締まっている。

体型に自信がなければ着られないこんなファッションを、カーヴィーボディでありながらサラリと着こなしてしまうとは、さすがキム!

リアリティショー出身だからと毛嫌いされることが多い彼女だが、自分の身体を愛し、その見せ方にもこだわる執念には、見習うべき部分がある、かはともかく、一定の称賛には値するだろう。

ピタッとしたラテックススーツに、同素材のジャケットを合わせたキム・カーダシアンと、娘のノースちゃん。キッズファッションもおしゃれ。写真:REX/アフロ
娘のノース・ウェストちゃんとメリーゴーラウンドに乗り込むキム・カーダシアンの後ろ姿。写真:REX/アフロ
  • 原西香

    (はら あきか)
    海外セレブ情報誌を10年ほど編集・執筆。休刊後、フリーランスライターとして、セレブまわりなどを執筆中

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事