8頭身系ゴルファー・原英莉花「美しき飛ばし屋」の時代が来た!

師匠はジャンボ尾崎 美しき飛ばし屋

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ドライバー飛距離は250ヤード超(写真:AFLO)

去年は「my way」、今年は「get the chance」。原英莉花(21)はマイボールにそう印字している。

有言実行、勝つべくして勝った。

女子ゴルフツアーの国内メジャー大会「日本女子オープン」を見事に制して、プロ通算2勝目。15歳でジャンボ尾崎(73)に弟子入り。師匠譲りの豪快なドライバーショットを武器に戦う美女ゴルファーが、ついにビッグタイトルを手にした。

プロゴルファー・解説者の沼沢聖一氏も原のプレーを絶賛する。

「以前の彼女は、スタイルはいいけど、身体は細くて体力に不安があり、パッティングが上手くないという印象もあったのですが、今大会でガラッと変わりました。フェードでも球が飛ぶスイングを身に着けて、さらにパッティングのストロークの良さとボギーを打っても慌てない心の落ち着きもある。揺るぎない自信を持っているように見えました。さらに身体を鍛えて準備をすれば、海外ツアーで活躍できるポテンシャルが十分あります」

海外で戦う同い年の「黄金世代」畑岡奈紗(21)や渋野日向子(21)には負けられない――。美しき飛ばし屋、原の快進撃がこれからも続きそうだ。

「日本女子オープン」(10月4日閉幕)で、原英莉花は通算16アンダーで優勝。試合後は喜びを爆発させた

『FRIDAY』2020年10月23日号より

  • 写真AFLO Getty Images

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事