井上順 30歳下恋人と「最後の恋」デート 肩に手を添え優しく… | FRIDAYデジタル

井上順 30歳下恋人と「最後の恋」デート 肩に手を添え優しく…

「面白い」「癒やされる」と好評なツイッターの陰に真木よう子似の才媛アリ アイスクリームを食べ歩く彼女

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
街ブラデートを楽しむ二人。得意のダジャレを披露しているのか、井上は終始上機嫌でAさんに話しかけていた

ダンディーなモテ男は〝最後の春〟を謳歌(おうか)しているようだ。

すっかり暖かくなった5月上旬。夕方の恵比寿(渋谷区)でロマンスグレーの髪が目を引くイケオジの姿を目撃した。歌手や俳優として活躍中の井上順(74)である。

隣にはピタリと寄り添う真木よう子似の美女。手に持ったアイスクリームを食べながら、彼の話に静かに耳を傾けている。井上は、そんな彼女を気遣(きづか)うように時折、肩に手をやりながら、優しくエスコート。大通りへ出ると、美女をタクシーへ乗せ、走り去った。

「一緒にいたのは30歳年下の元報道キャスター・Aさんです。’07年ごろに友人の紹介で出会い、交際に発展。今年で10年以上の付き合いとなります。井上は感音性難聴で右耳がほとんど聞こえません。彼女はそんな井上の自宅に足繁く通い、家事全般をサポートしています」(井上の知人)

井上といえば、昨年4月に始めたダジャレまみれのツイッターが「癒(い)やされる」と話題になった。『グッモー』の挨拶から始まる140文字はすべて井上の言葉だが、その運営にも彼女の支えがあるという。

「井上は自他共に認める無類の機械音痴(笑)。そのため、Aさんがツイッターの使い方を一から教えています。難解な操作は紙に書いていつでも見られるようにしている。公私両面で、欠かせない存在です。本人も周囲に『昔は大事な人がいても違った大事な人を求めちゃっていた。でもそれはもうない。彼女に身も心も捧げている』と語っています」(前出・知人)

献身的な美人との生活と聞くと、うらやましい限りであるが、気になるのは再婚について。前妻の青木エミ(71)と別れてから、今年で39年。長い独身生活にピリオドを打つ日は近いのだろうか。芸能プロ関係者が明かす。

「Aさんは『結婚して、もっと堂々と支えたい』と語っています。また井上さんも『彼女の意思を尊重したい』と話しておられる。しかし一方で、『彼女は若いし、あと何年一緒にいられるかな……』とポツリと漏らされたこともあります。相手を思いやるがゆえに二の足を踏んでいる、というのが現状だと思います」

はたして井上自身はどう考えているのか。本人を直撃した。

――交際して10年以上になりますが、結婚のご予定はあるのでしょうか。

「いやいや、まだそこまではいかない。結婚どころか同棲もしていないよ」

――以前『徹子の部屋』に出演された際、結婚は彼女次第と話されていましたが。

「いまの状態が二人にとって居心地が良いという感じになってますんで。とてもラクというか、楽しく過ごしてます。もし進展というか、籍を入れましたとかあったらちゃんとご報告しますから」

得意のダジャレも交(まじ)えず、想いを真摯に語った井上。「最後の恋」の行く末は……。吉報をお待ちしております!

直撃に応じる井上。「隠し事は何にもないですよ」と語り、どの質問にも言いよどむことなく答えた
’14年に本誌が撮影した夕飯デート。Aさんは当時から井上の自宅に通っては生活のサポートをしていた
本誌未掲載カット 井上順 30歳下恋人との「最後の恋」
本誌未掲載カット 井上順 30歳下恋人との「最後の恋」
本誌未掲載カット 井上順 30歳下恋人との「最後の恋」
本誌未掲載カット 井上順 30歳下恋人との「最後の恋」

『FRIDAY』2021年5月28日号

  • 撮影小川内孝行 西 圭介(過去写真)

Photo Gallary7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事