宮沢りえ、原田知世、永作…年々輝きを増すカップル「幸せの瞬間」 | FRIDAYデジタル

宮沢りえ、原田知世、永作…年々輝きを増すカップル「幸せの瞬間」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
18年6月、東京・代官山でディナーを楽しみ夫・森田剛(右)の車へ向かう宮沢りえ

梅雨真っ只中の18年6月。東京・代官山の夜道を、白トップスの3人組が歩いていた。

先頭は真っ黒に焼けた肌に真っ白なTシャツがまぶしい『V6』の森田剛(43)だ。2~3mほど離れて、白いジャージー風素材のセットアップの女性――。ひらたく言えば部屋着姿の宮沢りえ(48)が笑顔で続き、そのすぐ後ろを白いカーディガン&スカートの少女がついていく。

りえは09年に元プロサーファーの男性と結婚(16年に離婚)したが、少女は前夫との間にもうけた長女だろう。女児の持つリードの先で、茶色のトイプードルがチョコチョコと戯れていた。

「宮沢と森田は、16年に上演された蜷川幸雄追悼公演『ビニールの城』で共演して意気投合。その年の秋には、早くも交際が報じられています。以後も沖縄や箱根への旅行の様子が伝えられ、オープンに交際。何回撮られても変装すらしないのは、結婚して幸せを掴もうという覚悟の表れだったと思います」(スポーツ紙芸能担当記者)

年々輝きを増す芸能人カップルや夫婦がいる。何年経っても素晴らしき関係は変わらない。そんなステキな男女の「幸せの瞬間」を紹介したいーー。

下積み時代からの憧れの女性と

ホルモン焼き店で食事を楽しむ椎名桔平と原田知世。今年6月撮影

涼しい夜風が吹き始めた今年6月の夕方。東京・港区のマンション前に一台の高級車が停まった。運転席にはベースボールキャップに半袖半ズボンの男性の姿が。大物俳優の椎名桔平(56)である。誰かを待っているのだろう。椎名はスマホをいじりながら、外をキョロキョロとしている。待ち人が現れたのは5分後のこと。エントランスから大きなスーツケースを転がしながら、ベージュのワンピースに身を包んだ可憐な美女が出てきた。女優の原田知世(53)だ。まるで10 代から“時をかけてきた”ような美貌と若々しさだ。

椎名は原田に気づくと、すぐさま車から飛び降り彼女を迎える。スーツ―ケースを受け取りトランクに詰め込むと、原田を優しく助手席へとエスコートした。

「椎名さんは売れるまで、長い下積み生活を送っていました。一方の原田さんは、14歳でのデビュー直後から大ブレイク。椎名さんは下積み時代からずっと、原田さんのファンだったと明かしていました」(制作会社関係者)

二人を乗せた車は渋谷方面へ。40分後、ホルモン焼き店へと入った。店内では椎名が肉を焼き、原田の皿に取り分けていく。原田も舌鼓を打っていた。時折、互いに見つめ合って笑い合う。それは、長年連れ添った夫婦の食卓を思わせる光景だった。

モフモフ犬とアイスを食べながら

アイスクリームを手にご満悦の木村拓哉と工藤静香の夫妻。木村が待ち時間にファン女性に笑顔で神対応する場面も。21年4月、東京・恵比寿で撮影

春の陽射しが降り注ぐ、今年4月の恵比寿ガーデンプレイス。人が行き交う広場に2匹のモフモフ犬を連れたカップルの姿があった。木村拓哉(48)と工藤静香(51)夫妻だ。

この日は愛妻・静香の誕生日(4月14日)の2日前。二人で愛犬の散歩がてら、夫婦水入らずの時間を楽しんでいたのだろう。しばらくすると、木村は愛犬の「エト(エトワール)」と「アム(アムール)」をお座りさせ、ベンチに腰を下ろす。

一方の静香はアイスクリーム店へ。数分後、アイスクリームを手に静香が戻って来ると木村は笑顔を見せながら立ち上がり、歩き始めた。道中、静香がアイスクリームを木村に差し出すと、ペロッと舐めて返す光景も。結婚から20年経った今でも、夫婦は円満のようだ。

「最近、静香さんは娘のCocomi(20)とKōki,(18)のSNSに頻繁に登場しています。これまでキムタク夫妻は世間とかけ離れているイメージがありましたが、娘たちがライブ配信などで木村さんの〝パパ〟としての一面や木村家の内側を語るようになり、たちまち話題になりました。

実際に木村さんは『日産自動車』や『マクドナルド』など家族向けCMにも次々と起用されています。ファミリーによるSNS効果が木村さんのイメージアップにもつながっているのでしょう」(テレビ局関係者)

日々のSNSで「STAY SAFE!!」と呼び掛けている木村拓哉。苦しい「自粛生活」が続く中、ストレス発散となっているのは、筋トレと犬の散歩であるようだ。

夫と笑顔で銀座デート

大きくジェスチャーをしながら熱心に語りかける永作博美と優しくうなずきながら話を聞く内藤まろ氏。21年5月、東京・銀座で撮影

今年5月、夕暮れ時のビジネス街。高層ビルが立ち並ぶ通りに、小柄な女性の姿があった。マスク姿だが、優しげな目元は隠し切れない――女優の永作博美(50)だ。

彼女はドラマ『半径5メートル』(NHK)で、芳根京子演じる若手編集者とバディを組む〝オバハンライター〟を好演。この日もドラマの撮影を終えた後なのだろうか、どことなくスッキリとした表情を浮かべ、誰かと待ち合わせしている様子で、同じ道を行ったり来たりしている。

と、そこへ一台のタクシーが近寄り、永作を乗せた。後部座席にいたのは、夫で映像作家の内藤まろ氏(51)。どうやら夫婦でデートのようだ。二人は銀座の街角でクルマから降り、ミシュラン二つ星を獲得した、カウンター8席のみの寿司店で2時間ほど食事を楽しんだ。

「内藤氏が手掛けた日本酒『月桂冠』のCMに永作さんが出演したことで出会った二人。先月結婚12周年を迎え、夫婦仲は円満なようです。永作さんがプロデュースした半蔵門にあるカフェは、内藤氏が運営に携(たずさ)わっています。オープン時は永作さんが自ら厨房に立つ姿も見られたそうですよ」(芸能誌デスク)

寿司ディナーを終えて店を出た永作は、ゴキゲンに笑いながら、身振り手振りを交えて熱心に夫に話しかけている。ずれたマスクから覗く笑顔は、20年前と変わらず、まったく色褪せていなかった。

美貌が衰えない秘訣は、夫との円満な結婚生活にありそうだ。

メガネもキュートな夫妻

夕暮れの公園でたっぷり遊んだ後、愛息を抱きかかえて帰路に就く堺雅人と菅野美穂。18年6月撮影

周辺に大使館が多いこともあり、外国人の家族連れで賑わっている東京・港区内のとある公園。18年6月の夕方、外国人の親子に交じって公園を後にするメガネ姿のカップルがいた。

人気俳優の堺雅人(47)と女優の菅野美穂(43)夫妻だ。もちろん、デートではなく当時3歳だった長男が一緒。ちょうど公園で遊ばせ終わったところなのだろう。ハシャぐ息子を堺が愛おしそうに抱きかかえている。

「堺はかなりのイクメンで、息子と遊ぶのが楽しくて仕方ないそうです。家事にも積極的に参加しているそうで、料理も作れるのだとか」(芸能プロ関係者)

一方の菅野は、リュックを背負ったうえに両手に大きな荷物を抱えている。いくら子連れは荷物が多いといえども、なかなかのボリューム。細腕の女優らしからぬたくましさだ。一家は、菅野が手を挙げて拾ったタクシーに乗り込んだ。二人の鮮やかな連携プレーが、常日頃の夫婦円満ぶりを物語っていた。

いくつになっても仲睦まじい芸能人カップル。二人が笑顔で歩いているだけでも、微笑ましく感じてしまう。なんでもない時間が、幸せの瞬間なのだろう。

18年10月、都内の名門私立学園で行われた大運動会で子どもの活躍を見守る東山紀之と木村佳乃
ディナーを終えた帰りか夫婦で麻布十番の通りを歩くつんく。14年に咽頭がんの手術を受けたが体調は良さそうだった。19年6月撮影
『さまぁ〜ず』の大竹一樹と元フジテレビの中村仁美アナの夫妻。麻布十番で買い物をしていた。18年3月撮影
  • 撮影川上孝夫 島 颯太 西 圭介 濱崎慎治 山田宏次郎

Photo Gallary8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事