長瀬智也、草彅剛、小峠…芸能人「高級バイクでツーリング」の瞬間 | FRIDAYデジタル

長瀬智也、草彅剛、小峠…芸能人「高級バイクでツーリング」の瞬間

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
19年11月。この日の小峠はアヴィレックス社のフライトジャケットを着ていた

今年8月の夕方。東京・汐留の日本テレビから、パンクバンド『THE CLASH』のロゴ入りTシャツを着た男性が現れた。オレンジ色のベスパの車体に合わせたのか、ゴーグルもオレンジ色。真夏の強い日差しを浴びながら、ベスパは軽快に都心の街並みを走り抜けていく。バイクにまたがるのは、パンクと旧車をこよなく愛する『バイきんぐ』の小峠英二(45)だ。

派手なオレンジ色のベスパに乗ってテレビ局を出る小峠。オシャレな素顔は周知の通りだ。今年8月撮影

「愛車は66年式『シボレー・ノヴァ』から、現在は70年式『日産グロリア・スーパーデラックス』に乗り換え。バイクはというと、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でも紹介された旧車の王様的存在の『カワサキ・Z1』でしたが、最近はイタリア製の『ベスパ』に乗っていることが多くなりました」(民放キー局社員)

芸能人が愛するバイクは、どれも個性的でカッコいい。サマになり、遭遇した者は目がクギづけになる。本誌がたびたび目撃した、タレントたちのツーリング姿。秘蔵写真で紹介したい。

400万円でフルカスタム

長瀬智也 ハーレーダビッドソン 1942 FL 長瀬にとって当時3代目のハーレー。400万円以上を注ぎ込み、約1年間かけてフルカスタムした改造バイクだという。08年4月撮影
長瀬智也 ハーレーダビッドソン 1942 FL

バイクはいつの時代だってロマンとともにある。

ハジけるような笑顔を見せているのは、芸能界でも1、2を争うバイク好きと言われる長瀬智也(42)だ。

「長瀬さんは父親がレーサーだった影響もあり、幼い頃からバイクに夢中でした。16歳で中型、26歳で大型二輪免許を取得しています。プロ顔負けのバイク知識を持っているんです」(バイク雑誌編集者)

「関連画像」の写真は長瀬の3台目のハーレー。排気量は1600㏄。なんと400万円以上の費用をつぎ込んでフルカスタムしたと言われている。

長瀬の影響で……

草彅のハーレーダビッドソン 1946 FL。15年2月撮影

そんな長瀬に影響を受けたとされるのが、草彅剛(47)だ。

「8年ほど前に、草彅さんも大型二輪の免許を取得しました。草彅さんは40年代に製造されたヴィンテージのハーレーを購入し、今でも大事に乗っています」(音楽業界関係者)

俳優の伊勢谷友介(45)も、何台ものバイクを乗り継ぐバイクオタクだ。最近では自身と同い年である76年製のBMW R100Sをベースに、エンジンとフレーム以外すべての部品をカスタムしたバイクを約2年かけて作り上げている。

そろそろ秋も本格化してきた。ライダーにとって、最も心躍るシーズンがやって来る。

松田龍平のKTM。13年9月撮影
  • 撮影足立百合 北山 陸 西原 秀 吉田暁史

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事