熱愛スクープ

『V6』三宅健&美人ハーフモデルが幸せいっぱい”ニケツ”デート

安室奈美恵、柴咲コウと浮名を流してきたモテ男がついに人生を決断するのか

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
本誌は10月上旬、仕事へ向かうために自宅を出た三宅を直撃。終始「ごめんなさい」と繰り返していた

白い125㏄のスクーターに跨(またが)り、都内を颯爽(さっそう)と走り抜ける美男美女。まるで、かの名作映画『ローマの休日』を彷彿(ほうふつ)させるシーンである。

慣れた様子でスクーターを乗りこなすこのイケメンは、『V6』のメンバー・三宅健(39)。40歳を目前にしてもデビュー当時と変わらない体型とベビーフェイスで、近年では”奇跡のおじさん”とも称される超売れっ子アイドルである。

本誌が2枚目の写真を撮影したのは9月中旬のこと。この日、昼前に三宅の自宅から出てきた二人は、都内にある行きつけのオシャレなカフェでデートを満喫。”ニケツ”でスクーターに乗り、自宅へと戻っていった。その仲睦まじい姿からは、長年連れ添った夫婦のような落ち着きが伝わってくる――。

三宅といえば、これまで元シンガーの安室奈美恵(41)や女優・柴咲コウ(37)とも浮き名を流してきたモテ男。そんな彼が、不惑を前に”新たなパートナー”を見つけたようだ。

気になるのは、相手の女性。スラリとした抜群のスタイルの彼女は、ファッション誌などで活躍中のモデル・プリシラ(32)である。

「彼女はブラジルのサンパウロ生まれで、ブラジル人の父と日本人の母との間に生まれたハーフです。5歳のときに移住して以来、日本を生活拠点にしています。彼女の武器は、なんといっても168cmの高身長。これまでにもファッション誌だけにとどまらず、『花王』や『ポーラ』、『キリン氷結』の広告などにも登場しています。それだけではありません。プリシラには兄と姉がいるのですが、全員がモデルをしている。華やかな芸能一家なんです」(女性誌関係者)

たしかに三宅がこれまで付き合ってきたのは、安室や柴咲をはじめ、どこかエスニックな雰囲気が漂う美女。そんな三宅にとって、彼女のルックスはまさに”ドンピシャ”なのだろう。

本誌が確認した限り、二人は生活を共にするほど親密な様子。先述の行きつけのカフェ常連客も、こう証言する。

「健クンは、よくこの店に来ています。多いときは、週に2〜3回顔を見せることもありますよ。だいたい昼のランチのタイミングが多いかなぁ。変装もせずにキャップを被るくらいだから、彼の存在に気付いている人も多いと思うけどね。健クンが来るときは、いつも彼女と一緒です。彼女も美人で、まぁ目立ちますから。それでも二人はコソコソと隠れることもなく、堂々とした様子でデートを楽しんでいますよ」

スクーターに跨る二人。車体には所ジョージも行きつけのアメ車カスタム店「ロッドモータース」のステッカーが

「40歳までには結婚したい」

実際、本誌は今年8〜9月の間に、三宅とプリシラが彼の自宅から出かけるところを何度も目撃している。

2枚目の”ニケツ写真”の5日前も同様だ。この日、二人は自宅から同じカフェへ。店を後にして駐車場に向かう途中、三宅がプリシラの頬っぺたを冗談でつかんだり(3枚目写真)、手を引っ張り道路を横断しようとするシーンも見られた。

それだけではない。別の日には、仕事のために外出した三宅を待つ彼女が近くのスーパーへ出かける場面も。ヨーグルトやゼリー、ペットボトル飲料などを買い込む姿からは、彼の生活を”パートナー”として献身的に支えているのが伝わってくる。

まるで”婚前愛”とも言える甘い生活を送る二人。ジャニーズアイドルとモデルだけに、結婚までの道のりは遠いかのように見えるが、このままゴールインというのも十分にあり得るという。

「三宅は自身の両親が25歳で結婚したということもあって、実は若い頃から結婚願望はかなり強いんです。”幸せな家庭”に対する憧れを昔から持っていて、一部の親しい友人には『40歳になるまでには結婚したいんだよ』と漏らしているようです」(芸能関係者)

はたして、この恋の行方は――。本誌は三宅の本心を聞くべく、10月上旬、彼が主演を務める舞台『二十日鼠と人間』の本番に向かうところを直撃した。

――三宅さん、突然すみません。フライデーです。

キャップを目深(まぶか)に被りマスクをつけた三宅は、本誌記者の顔を見ると状況を察したのか、「あ〜。ごめんなさい、ごめんなさい」と下を向き、足早に待機していた車に向かっていく。

――現在、お付き合いをされている女性のことで参りました。モデルのプリシラさんと交際されていますよね?

「ごめんなさい」

――彼女と生活されていますよね?

「ごめんなさい」

三宅はそう言い残したまま車に乗り込み、舞台が行われる新宿方面へと走り去っていった。

『V6』の年下組3人で作られた『カミングセンチュリー』では、結婚ラッシュが続いている。昨年12月には岡田准一(37)が宮﨑あおい(32)と、今年3月には森田剛(39)が宮沢りえ(45)とゴールイン。この勢いを駆って、三宅が人生の決断をする日も近いかもしれない。

行きつけのカフェを後にし、プリシラの頰をつかむ三宅。本当に心を許し合えているからこそのジャレ合いだ
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット

撮影:西原秀

 

Photo Gallary9

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事