新庄剛志が徹底する「選手ファースト主義」のスゴイ効果 | FRIDAYデジタル

新庄剛志が徹底する「選手ファースト主義」のスゴイ効果

北海道日本ハムファイターズ Weekly BIGBOSS REPORT  初カミナリの相手はコーチ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
グラウンドで、あるいはSNSを通して、選手に直接声をかける。コミュニケーション能力の高さも特徴的

以前から、「ノックが終わって次の種目にいくまでの間、選手にトンボをかけさせず休ませたい」という持論を語っていた新庄剛志監督(50)。練習に集中させたいがための気遣いだが、今キャンプ第2クールで選手がトンボをかける姿に遭遇。「何回言いましたか? って話」とコーチ陣にカミナリを落とした。

「初カミナリもコーチでした。ノックでミスショットを連発した稲田直人内野守備走塁コーチ(42)に『そりゃ、(現役時代に)レギュラー獲れんわ!』とツッコんでズッコケた。愛あるイジりですが、選手ファーストを徹底しているから雰囲気はいいですよね」(夕刊紙デスク)

フラフープの輪の中を通しての送球や守備位置シャッフルなど、アイディア満載の練習が連日報じられているが、全てに通ずる狙いは守備力の向上だ。

「現役時代、センターから投手、相手打者を見ながら研究を重ね、新庄は超攻撃的守備を身に付けた。投手の調子とコースで打球が飛ぶ方向を割り出し、落下予測地点に全力疾走でチャージできるようになったのです。この”新庄メソッド”は日本ハム時代に完成。センターの新庄が右中間から左中間までカバーし、ライトとレフトはライン際に守る。これでかなりの二塁打を防ぎ、ファウルフライも逃さず捕れるようになった。ビッグボス直々にイズムの一部を注入された万波中正(まんなみちゅうせい)外野手(21)は『究極の技術だ』と感動していました」(球団関係者)

ハデな守備――新庄らしいではないか。

指揮官自らトンボがけ。「監督やコーチはサポート役。主役は選手」を行動で示す
本誌未掲載カット 新庄剛志・Weekly BIGBOSS REPORT ビッグボス野球の神髄は「超攻撃的守備」だ
本誌未掲載カット 新庄剛志・Weekly BIGBOSS REPORT ビッグボス野球の神髄は「超攻撃的守備」だ
本誌未掲載カット 新庄剛志・Weekly BIGBOSS REPORT ビッグボス野球の神髄は「超攻撃的守備」だ

『FRIDAY』2022年2月25日号より

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事