木下ほうか「性加害報道にダンマリ」決め込む事務所込みの無責任さ | FRIDAYデジタル

木下ほうか「性加害報道にダンマリ」決め込む事務所込みの無責任さ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
日本を代表するバイプレーヤーのひとりである俳優・木下ほうか。スキャンダルが致命傷となるのか…

日本を代表する名バイプレーヤーが“俳優生命の危機”だ――。

3月24日発売の週刊文春が、木下ほうかから性的被害を受けたとして女優2名の告発を報じた。

発端は文春が先に報じた俳優で映画監督の榊英雄の“性加害”報道。文春は榊氏から被害を受けたとしている女性はA~Iさんまで合計9人いるとしている。そのHさんとIさんの話を聞いていくうちに、木下からも性的被害を受けていたことが分かったという。

榊氏と木下の親交は深く、木下は榊氏の映画やドラマに7作も出演している常連だ。その“友達”の中で女性を共有していた疑いがあるのだ。

木下は演技指導や有名監督を紹介するなどという口実を作り、HさんやIさんを自宅に呼び出し性的関係を強要したという内容だ。木下は20代の女優ばかりを狙っては性行為を迫り、“ほうか牧場”と称して女性を飼っていると吹聴していたという。

「文春はもちろん、他の媒体も木下さんの事務所に事実確認の連絡をしていますが、一向に返信がありません。反論や謝罪もなく“なしのつぶて”という状態ですね。しかし事務所関係者は親しいテレビ関係者に対しては文春の報道がどのように扱われるのか気にしていたようです。マスコミから問い合わせが殺到しているのは分かっていてあえて無視している状態ということは間違いないでしょう」(スポーツ紙記者)

朝ドラや大河ドラマにも出演するほどの名俳優が“性加害者”として名指しで報じられているにもかかわらず、このまま無言を貫き続けることが対応として正しいといえるのだろうか。

所属事務所の“ダンマリ”作戦は「諸刃の剣」と話すのは芸能プロ関係者だ。

「本人が否定も肯定もしない場合、事実確認が取れないので、スポーツ紙やテレビのワイドショーは“裏どりが不十分”ということで下手に報じることができない状態なんです。ネット記事を見ない人も多く、ある意味で被害は最小限に収まっているといえます。

しかし、それはあくまで目先の話。否定もしていないままでいるのであれば木下さんのイメージダウンは免れないですし、今後の仕事に確実に影響が出るでしょう。そんな無視を決め込むようなタレントや事務所と”今後は付き合いを考える”というテレビ局や関係者は多いですしね。ほとぼりが冷めたとしても、“戻る場所がない”ということも…」

海外では映画プロデューサーらによる性的暴行で禁固23年の判決が下ったことで『#MeToo』運動が勃発。センシティブな問題だけに泣き寝入りしていた女性が次々と立ち上がり訴えを起こした。

「地位などを利用しての“性加害”や“セクハラ”は世界的な社会問題です。テレビ出演も多く、子どもから年配の方まで多くの人々に顔が知られている木下さんが、そのような疑惑を持たれているのであれば、すぐにでも会見をするか、コメントを出すなど、アクションを起こす必要があるでしょう。無視を決め込むなどはもってのほかですよ。

事務所が主導しているのであれば、彼らは芸能人としてテレビに出てきた“社会的責任”ということをどう考えているのでしょうか…いまは聞き取りを行っている最中なのかもしれませんが、それでもなんらかのメッセージを出すべきでしょう」(テレビ局関係者)

榊氏と木下の件もまさに日本版「#MeToo」運動と言えるだろう。今後も被害報告の声が広がりを見せる可能性もある。否定することがあるのなら、やはりその前になんらかの手を打つべきだと思うのだが…。

  • 写真共同

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事