『ガーシーch』東谷氏「被害者も晒す」で露わになった危うい一面 | FRIDAYデジタル

『ガーシーch』東谷氏「被害者も晒す」で露わになった危うい一面

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
いまや芸能界の暴露王となったユーチューバーの『ガーシー』こと東谷義和氏(オフィシャルYouTubeより)

芸能界の暴露王『ガーシー』こと東谷義和氏に“異変”が生じている。

27年もの間、多くの芸能人に女性をアテンド(調達)してきた実績を引っさげ、2月にユーチューブチャンネルを開設。人気タレントの“ウラの顔”を次々と暴露し、チャンネル登録者はサブチャンネルを含めると120万人を突破した。

ところが、ここにきて東谷氏を「警察が狙っている」という情報が浮上。というのも、同氏は韓国の超人気グループ『BTS』に「会わせる」と嘘の話を持ち掛け、女性から多額の金銭をだまし取った疑いが持たれている。

「実際に東谷氏は詐欺行為を認めています。だまし取ったお金はユーチューブの収益で弁済すると主張していますが、被害者の中には返金ではなく、警察に被害届を出す動きもあるようです。

警察がこれを受理すれば、東谷氏は最悪、逮捕される可能性も浮上する。そうなれば、せっかく築き上げたユーチューブチャンネルもBAN(削除)されるかもしれない。その展開を東谷氏は恐れているようです」(全国紙記者)

当の東谷氏は、被害届を出すよう促した警察に対し「敵です」と宣戦布告。警察をウラで動かしたのは、これまで暴露してきた俳優やタレントの関係者ではないかと疑い、対決姿勢を鮮明にしている。

「東谷氏は芸能プロ関係者が政治家に頼み、その政治家が警察を動かしているという映画ばりの壮大なストーリーを描いている。動画では岸田文雄首相の名前まで出し『さすがにないとは思うけど…』と疑いの目を向けている。視聴者は半信半疑ですが、その巧みな話術から、信じてしまう人も少なくないでしょう」(スポーツ紙記者)

念のため言うと、東谷氏を捕まえるために岸田首相が動くようなことはないだろう。ウクライナ情勢に伴い、各国を訪問中で、東谷氏に構っているヒマなどない。何なら『ガーシー』自体を知らない可能性がある。

この辺りの「無」から「有」を作る東谷氏の話術はさすがだが、視聴者がガッカリしたのは、ヤケクソになった東谷氏から出た驚きのひと言だ。

「(BTS詐欺の)被害者も晒そうと思ってます」

BTS詐欺の被害者の中には、東谷氏が設けた弁済窓口に連絡せず、態度を保留している人も存在する。この保留組が東谷氏にとっては恐怖で、先に述べた通り、被害届を出す可能性がある。

東谷氏は動画で何度も「連絡して下さい」と訴えているが、なしのつぶて。その結果、被害者を「晒す」という脅し文句を口にしてしまった。

「これはさすがにいただけない。視聴者や彼の周辺からも訂正を促す声が上がりましたが、東谷氏は『変えるつもりはありません。それで動画を見なくなってもいいです』と反応。しばらくして過ちに気付いた東谷氏は謝罪しましたが、発言の影響でチャンネル登録者が一時的に減りました」(同・スポーツ紙記者)

ネット上では東谷氏を忖度なしの「ダークヒーロー」と持てはやす者もいるが、同氏の“怖い一面”が垣間見えたことで、冷静さを取り戻した人もいるようだ。

さらに言えば、東谷氏自ら火を点け、油を撒いた自身の「逮捕情報」も、すぐに動くような代物ではない。前出の全国紙記者はこう話す。

「そもそも警察の本気度は薄い。東谷氏が海外に“雲隠れ”していれば、余計に捜査は難しくなる。本人も出頭する気などないのでは?」

動画開始当初は「俺には失うモノはない」と豪語してきたが、いまや「守るもの」が出来てしまったのかもしれない。

 

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事