TBSの土日番組が「老人大陸」化していることへの拭えぬ懸念 | FRIDAYデジタル

TBSの土日番組が「老人大陸」化していることへの拭えぬ懸念

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
TBS系『サンデーモーニング』のMCを務める関口宏。今年10月で放送35周年を迎える長寿番組だが、ここのところ関口の進行ミスや失言がたびたびニュースで取り上げられている(写真:共同)

所ジョージ67歳、金平茂紀68歳、草野仁78歳、黒柳徹子88歳、関口宏78歳、和田アキ子72歳、峰竜太70歳、明石家さんま66歳……いきなり名前を列挙させていただいたが、あなたはこの方々の共通項がなんだかお分かりになるだろうか?

実は全員、土曜日と日曜日にTBSの番組に出ている出演者だ。若年層のテレビ離れが言われ、テレビ番組の高齢化が言われている昨今でも、これはかなり特筆すべき状況だろう。ずらっと並んだ60代と70代……少し意地悪に言わせて貰えば「週末のTBSは老人大陸だ」と言えなくもない。

誤解なきように言うと、もちろん、出演者がご高齢だからといって、「悪い」というわけではない。高齢出演者がずらっと並ぶのは、ある意味「それだけ人気のある長寿番組が揃っている」ことの表れでもある。それだけ鉄壁の編成だ、と言うこともできる。

しかし、やはりあまりにも高齢者が「ずっと居座る」ことは、テレビが変革期を迎えている現在、決して誉められる状況ではないかもしれない。業界内部にいると、この状況についてのさまざまな声も聞こえてくるし、いろいろな弊害も見えてきてしまう。現に、しばしばこうした番組で高齢出演者による「問題発言」が、ネットなどをざわつかせ、炎上につながるケースも多い。

そこであえて今回、現役のテレビマンの端くれとして、「TBSの週末は“居座りたい老人大陸”だ」と言われないように、愛を込めた厳しめの目線で「何が問題なのか」を、いくつかの番組について批評させていただくことにした。

土日にベテランが集まるのにはワケがある

さて、個別の番組について見ていく前に、「なぜ土日の番組の出演者は高齢化しやすいか」をテレビマンとして解説しておくことにしよう。一般論としてテレビ局は「ベテランに引退していただく」のに実はとても気を遣う場合が多い。なぜなら「ベテラン出演者」は局にとっては「功労者」でもあるからだ。

とてもお世話になった人に対して、いきなり「仕事を切ります」とはなかなか言いにくい。となるとだいたい「徐々にフェードアウトしていただく」感じになるのが通常だ。

例えば「月〜金の帯番組のMC」に降板していただく場合は、代わりに「週1回だが格式の高い番組のMC」あたりを用意することがよくある。また、「ゴールデン・プライムの番組」からベテランに退いていただく場合も、代わりに「ゴールデン・プライムではないがそれなりに良い時間の番組」を用意して徐々にフェードアウト方向に進めていくと、角が立ちにくい。

では、「週1回の格式ある番組」や「ゴールデンではないが良い時間」はどこにあるか?というと、一番最適なのが土日なのだ。平日と違い、昼間でも多くの人が見る「広告が高い」時間なので、土日の枠には特別感がある。だから、なんとなく各局土日にベテランが集まりがちなのだ。

少し話がそれた。では“老人大陸”ことTBSの土日の番組をみていこう。

良い番組なのに…勿体ない『報道特集』

まず、個人的に非常に「残念だなあ」と感じるのが『報道特集』(土曜17:30〜18:50)だ。何が残念なのか?というとこの番組、とても「良い番組」だからである。前身となる番組『JNN報道特集』は1980年に始まり、徹底的な調査報道や独自目線での硬派なニュース解説など、実に「オンリーワン」の本格的ニュース番組だ。

一般的に言われている「日テレとフジが右寄りで、TBSとテレ朝が左寄り」という区分に沿っていえば、いわゆる「左寄りのニュース番組」の中では最もしっかりしていて見応えがある番組かもしれない。かつてはテレビ朝日も田原総一朗さんの『サンデープロジェクト』という競合番組をやっていたが、とっくに終了した今では、まさに唯一無二の存在だ。

しかし、いくら「硬派」といっても、残念ながら少しイメージが硬すぎるかもしれない。「報道特集」と明朝体で書かれたお堅い番組タイトル。スタジオには金平茂紀さん68歳と日下部正樹さん62歳の「コワモテのジャーナリストのおじさん」ふたりがドーンと鎮座している。

そして、なんだか知らないがいつも「政府とか自民党とか保守系の人たち」に対して、しかめっ面をして怒っている。何かあっても必ず海外に飛ぶのは金平さんか日下部さんだ。そして特集もなんだかいつも「若干左寄り」だ。

これでは、いくら硬派で見応えのある調査報道をしたところで、若者たちは近寄り難いだろう。あまりに「ハードルが高い」感じがして「若干怖い」という印象を持ってしまう若者がいても不思議はない。

確かに元NHKの膳場貴子キャスターや、女性アナウンサーたちを起用して「少し番組の雰囲気を和らげよう」としているのは分かるし、金平さんは立派なジャーナリストなのも分かるのだが、例えば「後進の若いジャーナリスト」を据えるとか、金平さんと並べるとかして「若くて親しみやすく、分かりやすい」という方向性の演出をしないと、「良薬だから口に苦くても当然だ」と言われている感じがして損だ。勿体無いなあ、と思ってしまう。

ぜひ、金平さんはほんの少しだけそのあたりを考えてみてはどうか。

「王国」と化してしまっている『サンデーモーニング』

そして、『報道特集』と並んで「残念」なのが『サンデーモーニング』(日曜8:00〜9:54)だ。ご存知、関口宏さんがメインMCを務める硬派の情報番組だが、最近ではしばしば関口さんやその他のおじさんたちの発言がネットで物議を醸している。少し前に張本勲さんが女性軽視ともとれる発言をし、その後、番組を降板したのも記憶に新しい。

この番組はいかにも「関口宏さんの番組」という空気感を漂わせているが、実はそれは単なる空気感や気のせいではない。私が感じるこの番組の一番の問題点は、あまりに関口さんの会社に番組全体が依存しすぎているということだ。

関口宏さんは、自身の所属するタレント事務所「株式会社三桂」の会長を務めている。そして、サンデーモーニングの出演者の大部分はこの「三桂」の所属タレントで占められている。番組サイトに載っている出演者のうち関口宏、橋谷能理子、唐橋ユミ、中西悠理各氏は三桂所属。TBSの水野真裕実アナウンサーを除けば、三桂以外の所属は1人しかいない。

さらにそれにとどまらず、番組にしばしば登場するコメンテーターのうち、姜尚中、谷口真由美氏も三桂所属だ。そして、かつては番組ディレクターなどの制作スタッフにも三桂所属がいた。これではまるで「関口王国だ」と言われても返す言葉はないのではないだろうか。

もちろんサンデーモーニングもしっかりとした番組制作をしていると思うが、これでは「王様が何を言っても番組側は止められないだろう」と「痛くもない腹」を探られても仕方ないと言わざるを得ない。

さらに、この番組はかつて張本さんの女性軽視ともとれる失言を謝罪するときに「関口さんでもなく張本さんでもなく女性アシスタントに謝罪をさせた」ことでさらなる批判を受けた。

そもそもなぜ報道特集にしろ、サンデーモーニングにしろ、「トップのおじさん&アシスタントの女子たち」という出演者の構成になってしまうのだろう。私の同僚の女性プロデューサーは「これではあたかも、“女性の言うことも聞いてますよ”というポーズをとりながら、実はアシスタントという従属的な立場で女性を下に扱っているようにしか見えない」という厳しい指摘をしている。

こういう「おじさん君臨スタイル」は、もはや百害あって一利なしなのではないかという気がしてならない。やはり、関口さんもそろそろ「少し後進に道を譲る」ことを考えた方が良いのではないか。

新陳代謝が見込めない『日立 世界ふしぎ発見!』

そして、もうひとつ問題を指摘したい番組がある。それは『日立 世界ふしぎ発見!』(土曜21:00〜21:54)だ。

そう、草野仁・黒柳徹子という「業界の大御所2人」が出演するあの番組だ。しかし、この番組に関して私が指摘したいのは「出演者の年齢がどうのこうの」ということではない。むしろ「日本のテレビ界の宝」であり、唯一無二の存在である草野仁さんや黒柳徹子さんにはいつまでも元気でご活躍いただきたいものであるが、この番組に関して問題なのは「制作側もかなり高齢で、かつ後進に道を譲る気がなさそう」なことだ。

『日立 世界ふしぎ発見!』の制作を担当しているのは、テレビ業界の老舗制作会社であるテレビマンユニオンだ。そして、ふしぎ発見のゼネラルプロデューサーは実はずっと同じ人だ。テレビマンユニオンのトップにして、御年81歳。株式会社テレビマンユニオン会長・ゼネラルディレクター・取締役の重延浩さんだ。『ふしぎ発見』開始以来一貫してプロデューサーを務め、多分この先もずっとプロデューサーを務め続けるのではないか、と言われている人物なのだ。

もうテレビ業界の重鎮中の重鎮なので、素晴らしいと言えば素晴らしいが、TBS側のプロデューサー以下、想像するに多分にやりにくいところがあるだろう。ライバル番組としては日テレの『世界の果てまでイッテQ!』の名前が挙げられると思うが、残念ながら企画の目新しさや若年層への訴求力では、『イッテQ!』に一歩リードを許していると言って良いのではないか。

将棋の世界などでは「永世名人」という言葉を聞いたことがあるけれど、「永世プロデューサー」というのはあまり聞いたことがない。お節介な話だが、いろいろな面で番組制作体制の若返りを図った方が、一層面白くなるのではないかという気もしてしまう。

これから日本は一層高齢化の一途を辿る。そういう意味では、お年寄りが安心して見られる番組というのも絶対に必要だ。ぜひTBSには「居座りたい老人大陸」ではなく、「見続けたい老人大陸」を目指して、刷新すべきは刷新しつつ、面白い週末の番組編成をしてほしいと思う。

  • 鎮目博道/テレビプロデューサー・ライター

    92年テレビ朝日入社。社会部記者として阪神大震災やオウム真理教関連の取材を手がけた後、スーパーJチャンネル、スーパーモーニング、報道ステーションなどのディレクターを経てプロデューサーに。中国・朝鮮半島取材やアメリカ同時多発テロなどを始め海外取材を多く手がける。また、ABEMAのサービス立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などの番組を企画・プロデュース。2019年8月に独立し、放送番組のみならず、多メディアで活動。江戸川大学非常勤講師。MXテレビ映像学院講師。公共コミュニケーション学会会員として地域メディアについて学び、顔ハメパネルをライフワークとして研究、記事を執筆している。近著に『アクセス、登録が劇的に増える!「動画制作」プロの仕掛け52』(日本実業出版社)

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事