エイベックス会長が暴露した和田アキ子と米倉涼子「遺恨と現在地」 | FRIDAYデジタル

エイベックス会長が暴露した和田アキ子と米倉涼子「遺恨と現在地」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
エイベックス松浦会長の暴露により、過去の確執が明らかになってしまった和田アキ子(左)と米倉涼子(右)だが…

大手レコード会社『エイベックス』松浦勝人会長の“蔑視騒動”が思わぬところへ飛び火した――。

松浦氏は6月19日のユーチューブ生配信で視聴者にアオられ、複数の女性芸能人に「ババア」「ブス」など“放言”を連発。22日にこれらの言動が一部メディアに報じられ大炎上すると、23日のライブ配信で釈明に追われた。松浦氏は

「もしも、あの発言によって(本人が)本当に傷ついてるんだったら謝りますよ」

とする一方で、発言を報じた一部メディアに対して

「てめーらの都合のいいように切り取って。あれだけ見てる人はああ思うじゃん」

「悪意がある記事」

と怒りをぶちまけた。

そんななか、松浦氏の発言で思わぬ事実が判明したのが、大物歌手・和田アキ子と実力派女優・米倉涼子の“ただならぬ関係”だ。

松浦氏は生配信で米倉のことを「大嫌い」と公言。その理由について、一瞬口ごもるも、次のように話した。

「米倉涼子は和田アキ子に怒られているときにさ、俺味方してやったら、『あんた黙ってて!』って言われて…それから俺、大っ嫌い。『なんだ、この女。助けてやってるのに』って。アッコさんが怒ってたよ」

松浦氏の暴露が事実ならば、和田と米倉との間に遺恨が生じていたことになる。ネット上でも

《何があった?》
《大物同士、ヤバイ》

など野次馬的に話が盛り上がっている。

ただし、2人は今年3月8日、高級ブランド「ブルガリ」銀座店で行われた「BVLGARI AVRORA AWARDS 2022」国際女性デーの発表会見に揃って出席。翌9日には和田がインスタグラムで米倉とのツーショット写真をアップし

「昨日はブルガリ アウローラアワードのキックオフイベントで、ヨネ(米倉)と久しぶりに会えて嬉しかった〜」

と綴っている。

米倉との再会は実に10年ぶりだそうで

「昔は飲み屋でたまに会ってたけど、最近会えてなくて」

と告白。その上で

「ヨネはいつも頑張っててすごいです」
「また近々お食事でも行きましょう。最近は私も早く解散しますカラ」

とメッセージを送った。スポーツ紙記者は、

「文脈から察するに、以前は一緒に飲むこともあったけど、その後は10年間疎遠になり、3月のイベントで再会したということ。おそらく、松浦さんも同席した場で2人がやり合い、その後“会わない関係”が続いていたのかもしれません」

と推察する。

一方、和田を知る芸能プロ関係者は「よくある話」と一笑に付す。和田は酒を飲むと礼儀作法に厳しくなり、時には相手を説教することもあるという。そこで相手が言い返し、口論になることもしばしば。

「しかし、翌日にはノーサイドで。粗相があったのならば、和田さんのお付きのスタッフが相手方に電話してフォローする。米倉さんとの関係も言うほど悪いわけではありませんよ。長く芸能界にいたら誰もが経験する“あるある”です」(同・芸能プロ関係者)

本当に険悪ならば、そろってイベントには登壇しないだろう。さらに言えば、和田の「ヨネ」呼びは親しさの証明でもある。前出の芸能プロ関係者は、

「和田さんは後輩は呼び捨て、先輩は『さん』付け。それとは別に、親しみを込めてアダ名で呼ぶことがある。

亡くなった森光子さんは「もりっち」、島倉千代子さんのことは『ちよっち』でした。『ヨネ』と気軽に呼ぶのですから、少なくとも和田さんは心を開いていると思います」

と語る。

10年ぶりの再会を経て、2人が「飲んだ」という話を、そのうち聞くことになるかもしれない――。

 

  • PHOTO山田宏次郎(和田アキ子)、原一平(米倉涼子)

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事