SNSは必須、女芸人は…ネクスト『千鳥』『かまいたち』の条件 | FRIDAYデジタル

SNSは必須、女芸人は…ネクスト『千鳥』『かまいたち』の条件

スタッフは見た!週刊テレビのウラ側

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

『千鳥』のノブ(42)をMCに据え、相方の大悟(42)、『霜降り明星』、『なにわ男子』ら売れっ子を集めた『クイズ!THE違和感』(TBS系)が今秋で終了することが明らかになった。

佐久間氏や『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の加地倫三氏ら有力プロデューサーにハマる(重用される)ことが、芸人のブレイクには不可欠だ

「’20年の放映開始当初はお笑いファンを中心に人気を集めましたが、最近はネタ切れ感が否めなかったですね。『霜降り明星』のレギュラー番組が終わるのは、これで今年6本目。凋落ぶりが話題になっています」(制作会社ディレクター)

一大ブームを巻き起こした『霜降り明星』ら若手の″お笑い第7世代″が失速するなか、「中年芸人の巻き返しが始まっている」と放送作家は言う。

「ヒコロヒー(32)のブレイクを皮切りに、ロケに定評のある『なすなかにし』やクズ芸人・みなみかわ(39)ら松竹芸能の所属芸人が注目を集めていますね。とくにみなみかわは、一般人の妻がSNSを使って東野幸治(54)ら大物芸人に直接売り込みをして仕事を取るという″痛さ″や、所属事務所への毒吐きなどイジりポイントが多く、使い勝手がいい」

’16年に『M-1グランプリ』で優勝したものの、ローカル番組が主戦場となっている『銀シャリ』の橋本直(なお)(41)は、あの有名プロデューサーのヒキでブレイクしかけているという。

「『ゴッドタン』などを手掛けた元テレビ東京の佐久間宣行氏(46)が『もっと注目されるべき』と絶賛したことで、改めてツッコミ能力が評価されています。この売れ方はかつての『フットボールアワー』の後藤輝基(48)を彷彿とさせます。キー局でMCを務める日もそう遠くないかもしれません。昨年の『M-1』ファイナリスト、『モグライダー』のツッコミ担当・芝大輔(38)は実力に加え、″隠れイケメン″ぶりで女性ファンを掴んでいます」(前出・放送作家)

広告代理店関係者は「令和のブレイク条件のひとつが、SNSを上手く使いこなせるか」だと指摘する。

「これまでの知名度よりも、SNSで″バズるかどうか″が起用の決め手になっています。なかやまきんに君(43)は吉本興業を辞めてフリーの身ですが、TikTokで持ちネタがバズって、CMオファーが絶えない。『ラバーガール』もショート動画が人気で再注目されています」

実力が見出され、あるいはSNSを駆使したアピールで台頭する中年芸人たち。だが、ゴールデン帯で冠番組を持てるような注目株は多くない。

「『千鳥』や『かまいたち』の壁が厚すぎるのもありますが、総じて小粒感がありますね。一番近いところにいるのが『ニューヨーク』ですが、コンビでのバランスはいいし、ロケも上手いんですけど、本人たちがゴールデンにこだわっていない。しばらく『千鳥』たちの時代が続くでしょう」(キー局プロデューサー)

『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)など、女性芸人をプッシュする動きも見られるが成果は芳しくない。

「多様性を認める時代になり、女性の容姿や体型をイジることはご法度になりました。下手に女性芸人をイジると、パワハラにもセクハラにもなりかねない。本人がOKでも、起用できる番組や演出は限られてきますね」(制作会社幹部)

『千鳥』と『かまいたち』の天下を脅かす逸材は、どの世代から現れるか?

『FRIDAY』2022年7月15日号より

  • PHOTO結束武郎

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事