フォトギャラリー2枚目 『天才を殺す凡人』 著者・北野唯我氏を救った“共感の神”とは? | FRIDAYデジタル

世の中を、良くも悪くも前進させる存在である「天才」は、変革の途中で精神的に、もしくは物理的に殺されることが多い。その理由のほとんどは、コミュニケーションの断絶によるもの。大企業がイノベーションを起こせない理由と同じ構造だと本書は説く(イラストは『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』より)

share icon写真をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
FRIDAY DIGITAL
記事TOPへ

『天才を殺す凡人』 著者・北野唯我氏を救った“共感の神”とは?

2/6