『なつぞら』の大ヒットを支えるイケメン「マル秘起用術」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
広瀬すず演じるヒロイン”なつ”の幼なじみを演じる吉沢亮。ボロの服を着ても、このイケメンに”キュン”する視聴者が続出

女優・広瀬すずがヒロインを務めるNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』。朝ドラの記念すべき100作目を飾る話題作だが、第1週から第3週までいずれも平均視聴率は20%の大台越え。特にヒロインの広瀬が登場した第3週、4月17日には高視聴率23.6%を記録。朝ドラ100回を記念して、松嶋菜々子、小林綾子、山口智子、貫地谷しほりといった過去の朝ドラヒロインが登場することでも話題を呼んでいるが、高視聴率の秘密はそれだけではないと、テレビ誌記者は明かす。

「今回の好調の秘訣は、何と言っても各年代にイケメンを配する豪華すぎる男性キャスト陣。ヒロインなつが世話になる柴田家の祖父に草刈正雄、父・藤木直人、兄・清原翔。憧れの人に吉沢亮、幼馴染に山田裕貴と工藤阿須加。そして実の兄に岡田将生と、“イケメンパラダイス”を上回る“イケメンフルコース”と言えるでしょうね。まだ番組の序盤だけに、これからもサプライズでイケメンが登場する可能性は充分にありますよ」

朝ドラ100回の歴史を振り返っても、これだけのイケメン揃いは稀。女性視聴者の悲鳴が今にも聞こえてきそうだ。しかし、朝ドラにイケメンが集結するようになったのは、一体いつの頃からなのか。

「漫画家・水木しげるの妻の波乱万丈の半生を描いた『ゲゲゲの女房』(10年)が、最初ではないかと言われています。ヒロインの夫役には”かっこよすぎる水木しげる”と言われた向井理、夫の才能を見出す出版社社長・深沢役に村上弘明、そしてアシスタントには斎藤工、窪田正孝を配し、ヒロインの弟役には、当時まだ無名だった星野源も出演しています」(前出・テレビ誌記者)

こうしてイケメンを配することで、前年に放送された『ウェルかめ』『つばさ』で平均視聴率15%切っていた朝ドラの平均視聴率も18.6%とV時回復を遂げている。しかし当時の朝ドラは、”枠”そのものが終わる危機的状況にあったようだ。当時を知るNHK関係者は次のように語る。

「2000年以降、『私の青空』(00年)、『ちゅらさん』(01年)、『さくら』(02年)などのヒット作もありましたが、『こころ』(03年)を最後に朝ドラの視聴率は20%の大台を割り、やがて15%を切る危機的状況に。そこで『ゲゲゲの女房』では、やれることはすべてやろうと、放送時間を朝8時15分から8時に繰り上げ、ヒロイン像も自分探しをする同時代のヒロインから、天才肌の夫を助ける”サポータータイプ”にモデルチェンジ。さらに描かれる時代も原点回帰して、戦中戦後の”古き良き時代”を扱うことで昭和ノスタルジーにどっぷり浸れる内容としました。そして最後に“藁をもつかむ思い”で、無名でも若手イケメンを数多く起用して、視聴者のメイン層である年配女性のハートを鷲づかみにする作戦を立てたのです」

このなりふり構わぬ“イケメン作戦”が功を奏し、『ゲゲゲの女房』は10年の流行語大賞にも輝き、朝ドラは辛くも危機的状況から抜け出すことに成功する。

現在、高視聴率をキープする『なつぞら』。その中で気になるのが”イケメンフルコース”の行方。この中でブレイクするのは、一体誰なのか。

「SNSなどで熱い視線を集めているのが、ヒロインの相手役・天陽を演じる吉沢亮。王子様キャラの吉沢が、ツギハギだらけの作業着にサスペンダーをするみすぼらしい姿で登場するや”ギャップ萌え”の末に”キュン死”する視聴者が続出しています。序盤戦は吉沢が一歩リードしているようですね」(前出・テレビ誌記者)

『なつぞら』のイケメンバトルを制するのは果たして誰なのか――。

 

  • 島右近

    神奈川県出身。放送作家・映像プロデューサー。バラエティ、報道、スポーツ番組など幅広いジャンルで番組制作に携わる。女子アナ、アイドル、テレビ業界系の書籍も企画出版、多数。ドキュメンタリー番組に携わるうちに歴史に興味を抱き、近年『家康は関ヶ原で死んでいた』(竹書房新社)を上梓

  • 写真 つのだよしお/アフロ

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事