ブラピが重要な予定をキャンセルしてまで子供と面会したワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

女優で映画監督、さらには国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使としても活動するアンジェリーナ・ジョリーが、3月8日の国際女性デーにちなんで、アメリカの『TIME』誌にエッセーを寄稿した。

この寄稿文の中でアンジーは、今年に入ってから長女のザハラちゃん次女のシャイロちゃんが手術を受けていたと告白。

先にザハラちゃん、次にシャイロちゃんが手術を受けたといい、手術から回復までの間、末娘である11歳のヴィヴィアンちゃんが、姉たちを支えようと懸命に看病し、また、女の子同士でお互いを尊重し、優先し合っていたというエピソードを披露したのだった。

現地時間3月8日、買ったばかりの花束を抱えるアンジェリーナ・ジョリーと、松葉杖をついた次女のシャイロちゃん。写真:Backgrid/アフロ

詳細な手術の内容には触れられていないが、どうやら緊急の手術ではなかったよう。シャイロちゃんは股関節の手術だったとのこと。

当然のことながら、父親であるブラッド・ピットにとっても、娘たちの手術は一大事。重要な用事をキャンセルしてまで、娘たちの病院に駆けつけていた。

厳密には離婚が成立していないものの、子供たちの親権を共同で持つことに合意したほか、すでに独身と同様の自由を手にしているブラッドとアンジー。

度々、離婚成立に向けた話し合いをするため、子供抜きで顔を合わせていることが伝えられているが、子供たちも含めて会うのは久しぶりのことである。

アンジーはぴったりと子供たちに付き添っており、そこにブラッドが加わって、家族だったころと同様に親の役目を果たしていたとのことだ。

左から、末娘のヴィヴィアンちゃん、アンジェリーナ・ジョリー、長女で養子のザハラちゃん、次女のシャイロちゃん、ヴィヴィアンちゃんの双子の兄ノックスくん。 写真:REX/アフロ

最後に、ブラッドがキャンセルしたという重要な用事について触れておきたい。

それはズバリ、2月3日に行われた英国アカデミー賞の授賞式。ブラッドは映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で助演男優賞を獲得したが、会場には現れなかった。

ブラッドの代わりに共演者のマーゴット・ロビーが「ブラッドは家族に関わる事情により会場に来られなかったので、わたしが彼に代わり、メッセージを読みます」と代理スピーチしていた。

その家族に関わる事情については様々な憶測がなされ、そのうちのひとつが「不仲説のある養子長男マドックスと、和解に向けて面会するため」というものだった。

泥酔したブラッドが口論の末にマドックスくんを突き飛ばし、それに激怒したアンジーが離婚を申請したのはご存知の通り。また、この一件が決定打となり、マドックスくんはブラッドを拒絶するようになったとも言われている。

マドックスくんとの面会はウワサにすぎなかったが、授賞式を蹴って子供たちに寄り添い、アンジーと力を合わせたことで、父親としての信頼も少しは回復したのではないだろうか。

共演映画『バイ・ザ・シー』のプレミアのときのブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。もう5年も前だ! 写真:ロイター/アフロ

▼関連記事を読む▼

ついに戴冠!ブラッド・ピット 永遠のイケメンが助演で栄誉! を読む

5億円引き! ブラッド・ピットの懐かしの“愛の巣”が暴落? を読む

ブラピ×アンジーの最強遺伝子を継ぐシャイロさんが歯列矯正開始 を読む

アンジェリーナ・ジョリーを2度離婚させた最愛の長男が韓国留学 を読む

  • 原西香

    (はら あきか)海外セレブ情報誌を10年ほど編集・執筆。休刊後、フリーランスライターとして、セレブまわりなどを執筆中

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事