酒で失敗…山口達也容疑者を助長させた事務所とメディア過保護ぶり

芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”㉓

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
酒気帯び運転で逮捕された山口達也容疑者。芸能界復帰はご破算に……(‘18年)

《芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”㉒》

元人気グループ「TOKIO」の山口達也容疑者が道路交通法違反(酒気帯び運転)で現行犯逮捕された。また、酒での失敗だ。

9月22日午前9時半ごろ。自分で運転する1200ccのハーレーで、信号待ちしていた乗用車に衝突。運転していた男性と山口容疑者にけがはなかったというが、山口容疑者の呼気から基準値の5倍を超えるアルコールが検出された。

友人宅に向かう途中だったらしいが、1リットル中0.7ミリグラムのアルコールは、500ミリリットルの缶ビール7~8本分だとか。「家で一晩中飲んでた」と供述しているという。

事故後、道端の縁石に座り込み、バイク用のフルフェースヘルメット姿で肩を落とし、落ち込んだ様子で警察が来るのを待っていた山口容疑者が目撃されている。フルフェースを外さなかったのは、彼のどこかに、顔を見られたくないという気持ちがあったのかもしれないな。

世間を騒がせる大きな事件は、これで2度目。一度目は2年前の‘18年4月、NHKEテレビ「Rの法則」に出演していた16歳の女子高生を自宅に呼びつけ、わいせつ行為をしたことだ。

その時もかなり酩酊していたという。女子高生は、警察に相談。内偵捜査が続いている中で「Rの法則」の収録が行われたのは逮捕前日。収録日には、約30人の新人局員が番組見学にやってきていた。

その彼らに満面の笑顔で「早く偉くなって、僕を使ってくださいね」と、お願いしていたというから、女子高生に取った行為が、事件にはなることはないと高をくくっていたんだろうな。

いまは離婚した妻と交際中のときに、バリ島への婚前旅行を成田空港で直撃しようとしたことがあった。目の前に彼がいる。話を聞こうと思ったその直前に、局から、

「接点を持たないで。カメラも回さないで。放送できないんだから」

と厳重注意が入った。事務所に対するテレビ局の忖度だ。目の前にスクープがあるのに声を掛けられないくやしさ。その後、本人に話を聞くときに、そんなことがあったと伝えたら、

「(放送は)出来ないでしょう。無理ですよ」

と、笑って跳ねのけられた。そのとき、“何があっても事務所に守られてきたんだな”と思ったね。

当時、逮捕のニュースをスクープしたのはNHKだった。書類送検されたが、東京地検は起訴猶予処分にした。

しかし、所属するジャニーズ事務所は、山口容疑者の行為にグループ脱退と契約解除を申し付けた。山口容疑者は、病院に入院してアルコールに対する治療をすると周囲に約束。東京近郊の療養施設で治療を行っていたこともある。

昨年8月、「女性セブン」の取材には、

《いまは、週に何日かお寺で勉強させてもらっています。読経や写経、境内の掃除などを通じて、自分を見つめなおしています》

と、答えていた山口容疑者だったが、その1年後の飲酒運転。逮捕されたとき頭は丸刈りだったから、今もお寺に通っていたのかもしれない。

離婚して会えなくなった12歳と10歳の子供たちのショックも大きいだろうし、来年3月でジャニーズ事務所を退所する長瀬智也さんの悲しみも大きいだろう。

「ベースの山口がいないTOKIOでは、バンド活動できない」

と、活動が見送られてきた経緯もある。事務所内に「株式会社TOKIO」を作り、リーダーの城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんが役員という会社で、ジャニーズ事務所から契約解除された山口容疑者が戻りやすい環境を作ったと言われていた。

TOKIOに山口容疑者が戻れば、退所した長瀬さんも加えてバンド活動ができると考えていた節がある。今回の事件は、それらをすべてパーにしてしまった。

  • 石川 敏男(芸能レポーター)

    ‘46年生まれ、東京都出身。松竹宣伝部→女性誌記者→芸能レポーターという異色の経歴の持ち主。『ザ・ワイド』『情報ライブ ミヤネ屋』(ともに日本テレビ系)などで活躍後、現在は『めんたいワイド』(福岡放送)、『す・またん』(読売テレビ)、ラジオは福井放送、ラジオ関西、レインボータウンFMにレギュラー出演中

  • PHOTO坂口 靖子

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事