「長瀬、山口も…」城島茂が示した株式会社TOKIOの存在意義

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所する長瀬智也。果たしてメンバー5人が揃うことはあるのか…

いろいろな節目となる4月。ジャニーズで新スタートを切るのがTOKIOだ。

ボーカルの長瀬智也が3月末で事務所を退所。残る3人は4月に「株式会社TOKIO」を立ち上げ、社長に城島茂、取締役には国分太一と松岡昌宏が就任する。

「株式会社TOKIOの法人登記を確認すると、代表取締役はジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子氏になっていますが、これは株式会社の代表取締役は登記所に現住所を提出、公開しなければならないため。プライバシーの観点から、ジュリー氏を代表にしただけで、実務は城島さんが行うそうです」(芸能プロ関係者)

気になる新会社の業務内容については、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の流れから「震災復興」が大きな柱の1つになりそうだという。

「TOKIOはDASH村を通じて福島県に特別な想いを持っている。福島産の野菜などをPRするCMにTOKIOは長らく出ていますが、基本ノーギャラと聞いています。TOKIOが新たなカタチになっても、復興事業に携わっていくつもりのようです」(テレビ局関係者)

ファンの間では‘18年に不祥事で退所した山口達也の動向にも関心が高まっている。山口は昨年9月にもバイク事故を起こし、話題に。その後酒気帯び運転で書類送検され、罰金35万円の略式命令を受けた。ジャニーズ内部に詳しい関係者によると

「‘19年に亡くなったジャニー喜多川さんは山口さんのことを気にかけており、昨春には水面下で復帰が模索されていました。その矢先の酒気帯び事故。尽力していたスタッフはガックシだったようですが、それ以上に山口さんが再びお酒に手を伸ばしていたことに大きなショックを受けたそうです」

と話す。そこに怒りはなく、TOKIOメンバー含めた周囲は山口の“孤独”にも触れ「もっとケアしておくべきだった」と後悔にも似た気持ちを持ったという。

そんななか、3月28日放送の『鉄腕DASH』で“ファン感涙”の意味深映像が流れた。この日は「3000歩でTOKIO全員集合SP」と題し、メンバー4人が3000歩ルールで、バラバラの場所から後楽園ホール前に集結。

その後プロジェクションマッピングを使い、疑似花見を開催。城島がメンバー4人のシルエットをかたどった切り絵を映写機に重ねると、映し出された影絵は5人に。

「ちょっと待って、切り絵は4人だよね? なんで5人映っているの」

などとザワつくなか、その様子を黙って見つめていた長瀬は

「いいじゃん、どうせ5人なんだから」

とポツリ。これに国分や松岡も「なるほどね」と大きくうなずいた。それを見てネット上では

《長瀬くんの言葉に号泣》
《やっぱりTOKIOは5人》

など大反響。この日の放送を見た、スポーツ紙芸能担当記者は次のように解説する。

「長瀬さんの言葉もそうですが、メンバーからツッコミが入っても5人の影絵を写し続けた城島さんに覚悟を感じましたね。2つの事件を起こした山口さんは、コンプライアンスの問題もあり、ジャニーズ本体には復帰できません。

滝沢秀明副社長が“厳罰路線”を敷く手前、戻せばハレーションも広がるでしょう。だったら、“受け皿”を自分たちで作ろう、と。それが株式会社TOKIOなのだな、と改めて思いました。山口さんはDASH村での活躍ぶりから、震災復興には欠かせない。急がず山口さんの帰りをメンバー4人は待つのだと思います」

山口は事件後、住んでいたマンションを引き払い、現在は親類の家に身を寄せ、依存症治療を再開させたと言われる。独立する長瀬は都内の繁華街でカメラを持って撮影する姿が目撃されており「何らかの映像作品を作っているのでは?」という見方がある。

加えて某ファッションブランドとの“コラボ話”も進んでいるという。「5人のTOKIO」が見られる日は、そう遠くないのかもしれない…。

  • PHOTO近藤裕介

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事